2012年6月1日金曜日

堂島の自称チャイニーズビストロ、小洒落系「明翔」で坦々麺セット大盛り。辛さではなく財布を忘れて汗かいた

先輩に紹介されて訪問の機を伺っていた堂島のチャイニーズビストロ 明翔(あすか)


行列の嫌いな大阪人が行列を作る珍しい店。
ビストロの由来はわかりませんが、それも含めて行列の謎を解くため行列の無い時間にEarly Check-in。
もちろん私も行列は嫌いですから。


日替わりがお得な感じですが、今日の日替わりのエビチリ炒めは私としては食指が動かず坦々麺でいくことにしました。


店内は確かに洋風居酒屋のようで、そこを称してビストロと名乗っているのでしょうか。


坦々麺セットにした上に大盛りに。


白い器に彩りの美しい野菜。
こういったあしらいがビストロということなのでしょうか。
確かに一般的な中華の坦々麺とは相当異なるビジュアルです。


ごはん漬物
漬物は中華風。




坦々麺を食べようと箸をつけたところでセットの春巻きが登場。


ようやく完成した全体像。


はかなり柔らかめ。
坦々麺のスープもそれほど辛くはなく、この辺りもビストロということなのでしょうか。



春巻きは中の具のトロミ加減と皮のパリパリ感のギャップが良く、なかなか美味しかった。


ビストロでしてはいけないと思いながらラーメンライス
育ちがバレる食べ方ですが、これが一番旨いんです。


さすがにセットの大盛りは50過ぎの胃袋には負荷が大きかったようです。

私の悪い癖。
「過ぎたるは及ばざるが如し」を座右の銘としているにも関わらず、もう一つの座右の銘「大は小を兼ねる」がいつも勝ってしまうのです。

今日の大阪はかなり気温が上がっています。
坦々麺でいい汗もかき、さあお会計と思ったら財布がありません
鞄から出してくるのを忘れたのです。
途端に汗が余計噴き出しました。

お店のお姉さんに詫びを入れ、幸い持っていた名刺を渡して身分を明らかにし、「すいません!5分ほどで戻ってきますから!」と店を出ました。
大急ぎで会社に戻り、財布を持って再び店へ。
折からの暑さで完全に汗だくです。

大盛りにした分のカロリーは消費したかな、と無理やりポジティブ思考に切り替えて再び会社に戻りましたが、肝心のビストロの謎は解明できませんでした。




関連ランキング:中華料理 | 北新地駅大江橋駅渡辺橋駅


↓ クリックお願いします(^^)/
にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村



B級グルメ ブログランキングへ

チャイニーズビストロ 明翔中華料理 / 北新地駅大江橋駅渡辺橋駅

昼総合点★★★☆☆ 3.2