2013年1月25日金曜日

天満では群を抜く創作度。「麬(フスマ)にかけろ 中崎壱丁」で醤油ラーメン。隠れ家ワインバー「あんくるん」で仕上げ

金曜日の会社帰り。
久しぶりに寄りたい所があったので天五中崎通商店街までブラブラと歩いて来ました。


奇妙な名前の店ですが、麬(フスマ)とは穀物を精白した際に出る果皮、種皮、胚芽などの部分のこと。
若い店主が、自家製麺に小麦の麬(フスマ)をブレンドする麺へのこだわりを表したものです。


単なる魚介系とは言いがたい複雑な味。
焼魚と大量の貝を使う所がユニーク。
店の前には使い終わった貝殻がうず高く積まれています。
塩ラーメン醤油ラーメン
夜に来たことはなかったので今日来てみたという次第。


大阪では知られた店ですので有名人の色紙もいっぱい。


まずは食券を購入。
今日は店内で待つことが出来ました。


15分ほどで着席。
麺は細麺にしました。
麬(フスマ)は3%ブレンド。


ジャスミン茶を飲んでしばし待ちます。


大盛醤油ラーメン味玉トッピング
醤油味は濃い口の方を選びました。


味玉のフスマの焼印が可愛い。


浅利


大きな薄切りチャーシューはレア。
時間の経過ととともに熱が通って色が変化していきます。
こんな所も店主の創作性が見て取れます。


複雑で深みのある濃厚な魚介スープ。


しっかりしながらも喉越しの良い細麺。
麬(フスマ)のおかげで小麦の味が感じられ、思わず噛みたくなってしまいます。


メンマは穂先。


味玉はもちろん半熟。


途中でラーメンと一緒に出てきたスダチを絞って味の変化を楽しみます。


えび油が卓上に置いてあります。
スポイトで5滴ほど垂らして、更なる味の変化を。



もちろん完飲です。


若い店主は接客も気持ちよく、本当に満足度の高い店です。




関連ランキング:ラーメン | 中崎町駅天神橋筋六丁目駅扇町駅

もう一軒寄りたかったのは隠れ家ワインバーあんくるん
住宅街の中、看板も出ていない民家でひっそりと営業。
フェイスブックでお友達のママに生ワインを勧められました。
羽曳野仲村わいん工房カベルネソーヴィニヨンのタンク詰め。


酸化防止剤を使わず、ワインにもストレスが無いので飲み口も爽やか。


一時間ほどまったりしてから家へと向かいました。



↓ クリックお願いします(^^)/
にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村



B級グルメ ブログランキングへ