2013年10月31日木曜日

大阪語力不足が露呈。堂島の「そば処 とき」で頼んだたぬきそばにきつねがのっていた件

ランチは隣の部署のY次長からお声がかかりました。
私の発案で堂島割烹大田川に向かいましたが満席。
神留に行きますか」
鯛めしの有名な割烹へ。
しかしこれまたお休み。
すぐ隣のそば処 ときへ。



雰囲気のあるいいお店ですがお値段は高め。
そして高めの割にお客を相席で詰め込むというオペレーションに難がありますが、やむを得ません。

ランチには必ず付いてくる巻き寿司
これは二人前です。


これを摘まみながら、そばが出てくるのをしばし待つ、という作法。


いつもは定番のカレーそば小海老天そばを頼むのですが、今日はメニューをつらつらと眺めていてたぬきそばというものに目が止まりました。
天かすののったシンプルなそばで1,000円とは高いなと思いながら、蒲鉾でものってくるのかな、と都合のいい解釈。

ところが運ばれてきたのはきつねそば
「あれっ?きつねそばだ!」
と思わず声を上げた私にY次長は
大阪はこれがたぬきそばですよ。大阪出身でしょう?」
と言われてようやく事態が飲み込めました。


そう言えばきつねそば大阪にはないことを思い出しました。
天かすののったたぬきそばハイカラそばというはずです。
よってうどんきつねうどんハイカラうどんに分類され、たぬきうどんきざみ油揚げがのったものということになります。
だとしたらきざみ油揚げがのったたぬきそばは無いのか、ということになります。

そもそも自分は何が食べたかったのかすら混沌としてきました。
大阪出身というのが恥ずかしい大阪語力


とはいえ、蕎麦は上品な味わいです。


きつね、もといたぬき揚げは分厚く、味は控えめな甘辛です。


ちょっと動揺しましたが、蕎麦自体は私の好みからすれば腰が弱いものの、品の良い美味しさ。
お会計は1,000円だったよな、と野口英世を出すと
たぬき1,100円です」
と言われてしまいました。
最後までたぬきに化かされた感じです。



↓ クリックお願いします(^^)/
食べログ グルメブログランキング


B級グルメ ブログランキングへ