2014年6月5日木曜日

ふられランチは流れて「そば処 とき」で辛味大根おろし蕎麦。辛味大根よりも接客が辛かった

部員のY君を誘ってランチ。
以前宇和島鯛めし食べさせようと連れて来て臨時休業だった割烹 神留が、またまた臨時休業。
閉店した風でも無いのですが、間の悪い話です。
手っ取り早く同じビルのそば処 ときへ飛び込みました。


テーブル席に相席で。
雰囲気と値段の割に、ちょっと首をかしげるランチタイムのオペレーション。


美味しいけれど量が少なくて高い事で知られる店。
Y君は初めてで、お値段に驚いています。
Y君は辛味大根おろし蕎麦、私は二八蕎麦を頼みましたが、辛味大根おろし蕎麦十割蕎麦なので、出来上がりに時間差が出ますという説明。
慇懃無礼な対応です。
そこで私はY君に合わせて、食べたくはなかった辛味大根おろし蕎麦にしました。
何かと制約の多い店。


ランチには巻き寿司が付いてきます。
一人半本。


寿司を食べ終わらないうちに蕎麦が出て来ました。


辛味大根


蕎麦は十割。
炭水化物ダイエット中の私にはいいけれど、Y君には足りないだろうな。
かといって大盛500円増しだし。


辛味大根つゆを入れます。


さっそく蕎麦を手繰ります。


辛味大根に絡めて。


当たり前ですが、かなりの辛さ。


蕎麦湯は濃い目と薄めが選べます。
もちろん濃い目で。


確かに大阪の蕎麦屋としては旨い方ですが、その分値段もかなりのもの。
普通のサラリーマンが大盛蕎麦に1,500円も払えるわけもないと思うのですが、だったら普通のサラリーマンは来てはいけないお店。
とすると、接待族とか自営業とか有閑マダムを対象にしているのかと思えば、この値段取っておきながら相席とは失礼な話。
私のようなB級グルメのサラリーマンは足を踏み入れてはいけないのだな、と改めて辛味大根よりも辛い接客にあって、再認識しました。



↓ クリックお願いします(^^)/
食べログ グルメブログランキング



B級グルメ ブログランキングへ