2014年7月31日木曜日

ずっと気になっていた天満駅南のドB級下町中華「宝来」に遂に突撃し看板メニューの餃子と味噌ラーメンを。この地で営業40年の歴史を感じる、ある意味すごい店

天満駅から南森町の自宅に帰る時に通る道沿いにずっと気になっていたお店がありました。
見るからにドB級な下町中華宝来
「ぎょうざ みそラーメン」と看板に書かれています。
大阪味噌ラーメンをウリにする店は珍しいので、そこも気になっていたポイントでした。


店先に無造作に積まれたビールケースや野菜の函。
行列ができるとは思えないのに、謎の長椅子が。
食品サンプルは日に焼けて哀愁の色を帯びています。
何より、料理の名前も値段も書いていないので、もはやその意味をなしていません。


開け放たれた入口の暖簾をくぐると鰻の寝床のような狭い店は10人も入れば一杯のL字カウンターのみ。
床はコンクリ打ちっぱなし、カウンターは合板の天板、土壁は剥がれて下地が見えています。


天井の板がはがれた所には黒いビニールが貼られています。
天井が脂で真っ黒なので、保護色のようになっています。


なんとも言えないカオス状態。
B級グルメの私の体内に急速にアドレナリンが分泌されます。

テレビはかろうじて液晶でしたが、デジアナ変換。
「来年3月までに放送終了」というテロップが表示されていますが、店主夫妻はそこだけが全く見えないかのように、タイガースの選手の一投一打に一喜一憂しています。


卓上の湯のみにスプーンがささっているので、何かと思って中を覗いてみれば、それは何とラー油


昂る気持ちを鎮めるために、まずはビール
入口も窓も開け放たれていながら、旧式の業務用エアコンが唸りを上げながら、私に冷気を吹きかけて来ます。
暑いのか涼しいのかすら、もはや自分でもわからなくなってきました。


ビールと一緒に出て来たバイ貝


「内蔵が取れなかったら言って下さいね。内蔵が美味しいですから」
と奥さんから猛烈な内蔵推し。
緊張のあまりしくじってしまった私の貝からご主人が内蔵を器用に取りだしました。
「内蔵がおいしいですからね、ご主人」
とご主人に言われました。
ひとりとはいえ、ご主人に見えるのでしょう。
更に奥さんは
「チャーシューなんかどうですか。お酒のおつまみになりますよ」
と今度は猛烈なチャーシュー推し。


奥さんのチャーシュー推しをかわして、とりあえず餃子


奥さんが作って持ってきたタレにつけて頂きます。


にんにくが効いていてなかなか旨い。


メニューを見ようと思っても、卓上にはそれらしきものがありません。
ふと後ろを振り返ると、壁面いっぱいに短冊が。
この後の展開は、看板メニューの味噌ラーメンとは決めて来たものの、一通りメニューをチェックしてから。
とはいえ、私の座っている席からでは全てのメニューを見ることができません。
立ち上がって狭い通路を移動して確認します。
おそらく常連さんはメニューを覚えているのでしょう。
店の雰囲気の割に、意外とお値段が普通なのはちょっと驚き。


結局味噌ラーメンを頼むことにしました。
ご主人が中華鍋で野菜を炒めます。
その後スープを加え、味噌を溶いて味を調えている様子。
別鍋で麺を茹でています。


「はい、味噌ラーメン上がりました!」
とご主人が大きな声で奥さんに声をかけます。
奥さんはそれを持って私の所へ。
「はい、味噌ラーメンお待たせしました!」
そんなに大きな声を出さなくても聞こえる狭さなのですが、飲食店は元気な方がいいですから、悪い訳ではありません。


味噌ラーメン
思ったよりも淡白な色で、粘度も低そうです。


「辛いのが好きなら一味を」
と奥さんが猛烈に推すので振りかけました。


まずはスープから。
味噌ラーメンと聞かされなければ、何ラーメンだかわからない味。
僅かに味噌の甘みを感じますが、隠し味のように控えめです。
札幌みそラーメン的なものを期待していた私は肩透かしを食った感じ。


野菜の量も思ったほどではありませんでした。


麺は通常の仕入れ麺。
極めて普通。


野菜と絡めながら食べ進みます。


釈然としないまま食べ終わりました。

「冷たいおしぼりをどうぞ!」

クーラーの風の直撃を受けながらも、なぜか汗だくの私に奥さんが良く冷えた布巾を手渡しました。
ふと見ると、ビール用の冷蔵庫にたくさん布巾が入っています。
どうやらこれもバイ貝と並ぶ当店のスペシャルサービスのようです。
思いっきり顔を拭きたい気分でしたが、これはどうみてもおしぼりではありません。
手だけ拭くことに留めました。


私の後に常連さんと思われる男性一人客が二人現れました。
店主夫妻とも親しげな会話。
私は好奇心が抑えられず、奥のトイレへ用を足しに行きました。
土壁のはがれ具合が感動的でした。

お会計の声をかけると、またもやご夫婦そろって元気な声で
「ありがとうございました!また宜しくお願いします!」
と見送ってくれました。

飲食店の競争の厳しいこの地で40年。
長く続くには何かわけがある、とつくづく考えさせられる、ある意味すごいお店でした。





↓ クリックお願いします(^^)/


食べログ グルメブログランキング


にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村



B級グルメ ブログランキングへ


宝来中華料理 / 天満駅扇町駅天神橋筋六丁目駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0