2014年7月29日火曜日

土用の丑の日はやっぱり鰻。創業慶応三年、関西地焼き炭火焼の老舗「魚伊 天五店」で鰻弁当持ち帰り

今日は土用の丑の日。
の価格も一段と高くなり、庶民の手が届かない高級食材となっただけでなく、絶滅危惧種とまで言われては、ますます高嶺の花。
しかし年に一度位は奮発して旨いを食べるのも悪いことではありません。
ささやかな贅沢も今日ばかりは許されるでしょう。

そこで晩ご飯は関西地焼き炭火焼の老舗、魚伊 天五店鰻弁当をテイクアウトすることにしました。


土用の丑の日の今日は店内の飲食営業はお休みで、店頭販売のみ。
本当はうまききも焼きも持ち帰りたかったのですが、今日は鰻弁当蒲焼だけの販売。
昨日電話で確認した時は、販売していると言っていたのですが、売り切れたのかも知れません。
予約しておけば良かったのかな。
2,550円の鰻弁当を購入。


本日の愛知県産


汗だくになりながら自宅に帰りました。


まだ温もりのある包みを開けます。


老舗の大阪地焼き鰻とご対面。


冷蔵庫から冷えた缶ビールを出すのももどかしく、準備を整えます。
 

山椒を振って。


箸で割いて。
 

焼き面はパリっとサクサク、中身はフワフワと柔らかい大阪の地焼き。


久しぶりの贅沢な晩ご飯。
しみじみと味わいます。


ご飯もしっかりと入っていたので食べ応えもあり、お腹一杯。
やっぱりうまききも焼きも食べたかったな、とちょっと残念でしたが、それでも大満足の晩ご飯でした。



関連ランキング:うなぎ | 天神橋筋六丁目駅天満駅扇町駅


↓ クリックお願いします(^^)/


食べログ グルメブログランキング


にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村