2015年3月2日月曜日

ランチも抜きで残業。馴染みの南扇町「旬味ひげ」でガッツリ食べて飲んでストレス発散

今日は仕事が立て込んで、一日の楽しみでもあるランチも食べられませんでした。
明日の東京出張の準備もあって、仕事が終わったのは20時を回っていました。
会社を出てスマホから番号を呼び出してタップします。
馴染みの居酒屋、南扇町の旬味ひげです。

「大丈夫ですよ。お待ちしてまーす」
といういつもの奥さんの明るい声。
職場から家に向かう通勤路に近く、徒歩20分ほど。


奥さん直筆のメニューが表に掲げられています。


カウンター席がセットされていました。
ご常連の通称「パパさん」もいらっしゃいます。
とりあえず生ビールで喉を潤します。


今日のオススメから新子おろしポンズを頼みました。
「すいません!さっき大根おろしが終わっちゃって。新子だけでもいいですか?」
とマスター。
「いいですよ。今日はランチも食べられなくてすごくお腹空いてるんです」
 13時間ぶりの食事にようやくありつきました。


お造りを盛り合わせで。
オススメのよこわ活サバの他、活たこサーモン、そしてトラフグてっさ


どれも美味しそう。


山葵をのっけて、パクリ。
ビールも進みます。


脂ものった活サバ。
鮮度抜群です。


メニューにかますごがありました。
「すいません!かまずごはNGワードなんです」
「あ、かますごも無いんだ・・・」
人気の繁盛店なので、遅い時間に来ると売り切れも。
残念ですが、本ししゃもを発見。
「本ししゃもはある?」
「はい!二本にしましょうか」


焼けるまでの間に若筍煮
今日はハーフではなく一人前もらいました。
春を感じる食材。
彩りの木の芽も大好物。
ここは出汁が旨いので、完飲は間違いありません。


キープしてある赤霧島をロックで。


本ししゃもが焼けました。


じっくりと遠火で焼いてあるので、表面は程よくカリッと、中は芯までしっかりと火が通っています。


子もたっぷり。
日本酒を飲みたくなりますが、明日の朝いつもより早起きなので我慢。


更にガッツリ食べたい気分。
シーズンも終わりに近づいたカキフライ


これもしっかり一人前。

 

「今年のカキはようやく今になって大きくなってきました」
「そうですよね、カキは終わり頃が一番大きくて美味しいと聞きます。今年は近所の居酒屋だけでなく、広島や日生まで出掛けて、20回くらい食べてますよ」
と私。


サクサクの衣とプリプリの身。
もう一回日生に行ってみようかな。


胃は落ち着きましたが、締めの前にもう一品。
今日のオススメから鶏肝生姜煮
これはハーフで。


〆は、マスターの実家新潟の妻有そば
ざるそばで貰うことにしました。


美しく器に盛られて出てきました。


薬味も瑞々しい。


海苔の細さが食欲をそそります。


大阪で締めにざるそばなんて、いつ以来でしょう。


品のいいつけ汁に軽くくぐらせて手繰ります。


「パパさん」はいつものように寝落ち。
カウンターでは、やはりご常連の女性二人連れが元気にはしゃいでいます。
この店らしい楽しい光景。
私はさすがに食べ過ぎてお腹一杯。
お会計を済ませ、マスター夫妻に見送られて家に向かいました。



関連ランキング:居酒屋 | 南森町駅扇町駅大阪天満宮駅

食べログ グルメブログランキング


にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村



B級グルメ ブログランキングへ