2015年3月4日水曜日

残業メシは夜の部初訪問のマイブーム北新地「旬菜堂」。昼とは違ったまったりムードでシーフードカレーラーメン晩ご飯セット

今日は時間がなかったのでランチも超高速。
夜も残業で会社を出たのは21時前。
今から居酒屋に飲みに行ったら遅くなるし、サクメシならどこで食べようかと思案しましたが、ふとある店を思いつきました。

最近お気に入りのカレーラーメン専門店旬菜堂
先日カレーラーメンが500円になる夜限定クーポンを貰ったので、それを使いつつ夜の部の様子も見てみようと思ったのです。

飲食ビルの一階通路の奥。


使おうと思っているクーポンは、ポーク、ビーフ、シーフードのいずれか。
唯一未食のシーフードカレーラーメンにしました。


晩ご飯セットというのがありました。
なんとプラス50円で特製温玉のせご飯が付くのです。
お姉さんが時計を確認。
まだ21時にはなっていなかったので、滑り込みセーフ。


卓上の紙エプロンをして、ラーメンの到着を待ちます。
おっちょこちょいの私は、100%カレーを飛ばすことはわかっているからです。


ランチパスポートにも掲載されるようです。
そういえば、この店のラインでもクーポンが届いていました。


到着しました。


シーフードカレーラーメン


これが晩ご飯セット特製温玉のせご飯
ランチは白ご飯がお代わり自由のサービスですが温泉玉子は50円。
それを考えれば、おかかと海苔と葱がかかっている分、夜のほうがお得感はあります。


まずはスープから。
だんだん美味しくなってきたようです。
ベースのラーメンスープと喧嘩せず、それでいてしっかりとカレーらしさが感じられます。
ラーメンのスープという位置づけですから、辛過ぎない方がいいのです。
そういえば、以前マスターは
「辛いのが苦手なんです」
と言っていたことを思い出しました。
「辛過ぎると味見できなくなるんですよ」
とは笑い話のよう。


具材はエビ、イカ、ホタテ、アサリ。
ホタテは一個丸ごと入っています。


中太の縮れ麺。
これはもう少し改良の余地がありそうです。


ご飯の上の温玉を割ります。


そこへカレーラーメンのスープをかけます。


最初はカレー温玉ご飯。


更にラーメンをのせてラーメンライス。


子供の頃ラーメンライスを食べて、母親に行儀が悪いとよく叱られました。
でも旨いものは旨い。


ご飯が少なくなってきた所で、更にカレーを投入。
最後はスープカレー風にして。


底に沈んでいたエビとアサリが出てきました。


完食完飲です。


昼は若いサラリーマンやOLを中心に混んでいるのですが、夜は全く違う客層でまったりムード。
既に一杯飲んだ酔客が仕上げに寄っている感じです。
聞くとはなく聞こえてきたお客さんとの会話から、マスターが和歌山県出身と知りました。
私よりも先に来ていたお客さんはいずれも初めての訪問のようでしたが、気に入って
「また来るよ」
と出て行きました。
私一人が店に残ります。
私もマスターとホール係兼デジタルプロモーション担当のお姉さんと世間話。
「昼も夜も営業して、仕込みもしているので一日中ここにいますよ」
とマスター。
彼女も夜働いているとは思わなかったので、驚きです。
やはり私が想像していたご関係のよう。

「キャノンデールさんのブログを見て食べに来る方も多いですよ」
とマスターから聞き、驚きました。
「どんな人なんですか?って聞かれるんですよ」
同じような話を地元の行きつけの居酒屋やバーで聞いたことがあります。
でもランチの店でそれを言われるのは珍しいこと。

撮影・掲載許可済み

カレーラーメンとはニッチなジャンルのようですが、実はカップ麺では人気の定番。
今のところ順調にお客さんが増えているようです。
更なる進化を期待しつつ、お会計を済ませて店を出ました。



食べログ グルメブログランキング


にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村



B級グルメ ブログランキングへ