2017年5月25日木曜日

名店で名品。虎ノ門の老舗「大坂屋 砂場 本店」でお気に入りの納豆そば

今日は朝からぐずついた天気。
おかげで連日の猛暑も少し和らいで、過ごしやすい陽気です。
ランチは名店大坂屋 砂場 本店へ。


時間をずらしても、それなりに並ぶお店です。
三和土で待っている間に品定め。
ここでご飯ものを食べたことはないので、半もりと丼のセットにしようと狙いを絞り込みます。


ようやく案内されたのは二階の座敷。
いざ注文する段になって、急に気持ちが変わり納豆そばを発注しました。
しかも大盛りで。


ここの納豆そばのつゆは、しっかり混ぜて粘りを出した納豆とつゆをあらかじめ合わせたもの。
その上に叩いたひきわり納豆がのっています。


納豆は粘りがでるほど美味しいという当たり前のことを、きちんと手間をかけてから供するという老舗らしい姿勢に、いつも感服する一品。


もともと美味しい当店の蕎麦ですが、この納豆そばは一般的な種ものの蕎麦とは異なる次元の風味や、食感、美味しさが感じられます。
納豆好きの私は、これが殊の外好物。


元々しっかりと混ざっていますが、更に混ぜ合わせながら食べ進めば尚旨し。


大盛りにしたので、それなりのボリューム。
ですが、飽きることはありません。


もちろん完食。
そして完飲です。
このそばつゆを残す法はないからです。


いつの間にかお客さんは引けて、二階の座敷にはゆったりした時間が流れていきます。
束の間のランチタイムでしたが、リフレッシュできました。




関連ランキング:そば(蕎麦) | 虎ノ門駅内幸町駅霞ケ関駅

 
昼総合点★★★☆☆ 3.5