2017年5月25日木曜日

上野で飲み会帰りに禁断の締め。気が付けば吸い込まれてちくわ天そばを啜っていた「名代 富士そば しのばず店」

今日は上野広小路で接待があり、22時過ぎにお開きとなりました。
京成線で帰る私は、皆と別れてぶらぶらと不忍方面へと歩きます。
ふと目に飛び込んだのは富士そばの看板。


散々飲んで食べたにも関わらず、気が付けばちくわ天そばの食券を購入していました。


食券を出してからカウンター席を確保。


もちろんすぐ出てくるクイックサービス。


「しっかりご馳走を頂いたのに、路麺で締めては元も子もない」
などという冷静な判断力がないからこその締めの一杯。


八重洲店では時々啜る、いつもの富士そば。
安心、安定、そんな言葉を思い浮かべながら一気に手繰ります。


そばにはかき揚げかちくわ天というのが私の常道。
たまご好きの私が今日生卵を頼まなかったのは、それほど冷静さを失っていたからでしょう。


「こんな時間に、こんなものを」
と思っても後の祭。
それなりに満足し、満腹の腹をかかえて再び駅に向かいました。





関連ランキング:そば(蕎麦) | 京成上野駅上野御徒町駅上野広小路駅

名代 富士そば しのばず店そば(蕎麦) / 京成上野駅上野御徒町駅上野広小路駅
 
夜総合点★★★☆☆ 3.0