2017年5月5日金曜日

GWでごった返す越谷レイクタウン。ランチはモールからエスケープして「魁力屋 越谷店」で京都背脂ラーメン

ゴールデンウィーク真っ只中。
気温はグングン上昇し、26度にまでなっています。
今日は仕事の関係で、越谷レイクタウンへ。
季節外れの気温に加えて、この人出ですからエアコンも全く効かず、私は汗だくです。
ランチを食べようにも、モールの中のフードコートやレストランはどこもすごい行列。
ラーメン好きの私は一蘭を覗いてみましたが、どう見ても1時間は並びそうです。
そこで、食べログを検索して近くに魁力屋を発見しました。
モールを出て、まだまだ空き地の多い一角を歩くこと5分。


大きな駐車場に簡易な造りの店舗。


やはりここでも待つことになりますが、それでもモールに比べたら遥かにマシ。


番号札を受け取って、表で待ちます。


その間にメニューを品定め。
京都のラーメンと言えば、天下一品第一旭新福菜館などが思い出されますが、ここも知られたチェーン店。


当然背脂たっぷりの特製醤油ラーメンで決まりでしょう。
もちろん味玉入りで。


とはいえ、メニューはひと通り確認。
コク旨というのも気になります。


一品にハムカツを発見。
この暑さですから、餃子も頼んでビールを飲んだら、さぞ気持ち良いでしょうが、それではラーメンが食べられなくなるので、グッと我慢です。


麺の硬さ、背脂の量が選べます。
ねぎはもちろん入れ放題。


結局35分待ち。
炎天下、かなり辛い待ちでしたが、朝ご飯が遅かったのでなんとか空腹は我慢出来ました。


卓上にはあらゆる調味料が。
ラーメンや定食、一品などメニューが豊富なので、それに合わせて何でも用意しているということでしょう。
もちろん入れ放題のねぎもあります。


ようやくありついた今日のランチ。
時計はもう14時半。


背脂は多めにしたもらいました。


特製醤油味玉ラーメン麺硬め脂多めねぎ増し


まずはスープをひと口。
この濃厚な脂が、暑さで弱った身体に活を入れてくれます。
身体が弱っている時こそ、スパルタ式の強制覚醒。


細めの丸麺ストレート。


チャーシューは薄切り。


半熟味付玉子は自慢の一品だけに、絶妙な茹で加減です。


玉子はラーメンには欠かせません。
まして、濃厚なラーメンであれば尚の事。


ねぎと絡めて。
何となく身体に良い気がしますが、背脂増しのラーメンを食べている時点でそうではありません。


完食ですが、完飲は避けました。
そこまで強制覚醒しては、やり過ぎです。


久しぶりにガツンと来るラーメンを食べました。
仕事も終わったので、そろそろ帰ることにします。
思えば、人生初の埼玉メシだったと気が付きました。




関連ランキング:ラーメン | 越谷レイクタウン駅

魁力屋 越谷店ラーメン / 越谷レイクタウン駅
 
昼総合点★★★☆☆ 3.3