2017年6月17日土曜日

ウエストで飲む、という選択肢。「ウエスト 佐倉店」で土曜の夜のセンベロ居酒屋飲み

妻が帰省中で、息子たちと3人で土曜日の晩ご飯を思案。
居酒屋気分の私は、JR佐倉駅近くにあるウエスト 佐倉店で飲もうと提案しました。
息子たちはウエストそのものを知らないようでしたので、博多うどんのチェーン店にして、実は夕方からの居酒屋メニューが地元福岡でも人気なのだ、と講釈。
ハンドルキーパーは三男が引き受けてくれることになったので、車で出かけました。


ファミレス風の明るく広い店内。
6人がけのボックス席にゆったりと座り、16時からの居酒屋メニューを品定め。


おつまみは200円、300円、400円の低価格帯。


ドリンクは、残念ながらホッピーは無いものの、やはり低価格。
チェーン居酒屋もタジタジです。


360円生ビール


乾杯です。


しめ鯖400円


ポテトサラダ200円


ちくわの磯辺揚げ300円


ニラ玉鉄板焼き300円


お好み焼き風の味付けにビールが進みます。


半玉うどんというのがツマミの中にありました。
200円でこれはお得。
息子たちは博多うどんが柔らかいことを知らないので、食べる前に教えておきました。
出汁もいい味です。


ハンドルキーパーの三男はかつ丼セットにしました。
そばは3玉まで同料金という太っ腹。


そば2玉のかつ丼セット。
一瞬圧倒されます。


お鉢のような大きな器に入った2玉のそば。


かつ丼はハーフサイズ。


超厚切りハムカツ400円
外せない私の大好物です。


これは旨い。


アルコールはデュワーズのハイボールにチェンジ。


ここで締めのもつ鍋にします。


2人前からのオーダーで、1人前300円ですから驚きです。


もう一杯。
今度は黒霧島ロックで。


もつ鍋が煮えるまでの間におろし丸天を頼みます。
福岡らしい一品が200円


そろそろ食べ頃です。


たっぷりのキャベツ、モヤシ、ニラ。
もちろんニンニクと唐辛子も重要なアクセントです。


もつの脂の滲み出た出汁は、これだけで酒が飲めるコクと旨さ。
飲み干したいくらいですが、そこは我慢。


お会計は5,130円。
三人ですから、まさにセンベロ価格。
「サイゼリヤ飲み」に匹敵します。
福岡の人がウエストで飲む、というのが肯けるコスパでした。





関連ランキング:居酒屋 | 佐倉駅

ウエスト 佐倉店居酒屋 / 佐倉駅
 
夜総合点★★★☆☆ 3.1