2018年3月5日月曜日

月例「下町はしご酒の会」日暮里編② 二軒目は西日暮里に近い線路沿いの居酒屋「鳥のぶ」で腰を据えて。焼鳥はもちろん、何でも安くて旨い店

日暮里駅前のいづみやでエンジンを暖めた我々は、強まる雨の中を線路沿いに西日暮里方面へと歩きます。
繁華街から外れたところにある、一軒家居酒屋鳥のぶ


予約必須の人気店。
二階の座敷に案内されました。


店名通り焼鳥を始めとした鳥料理が名物ですが、お造りや一品などの居酒屋メニューや創作系料理、更にはパスタまで何を頼んでも安くて旨い店。
久しぶりの訪問です。


酒の種類も豊富で、特に酎ハイや下町の酒の揃えがいいのが気に入っています。


私は下町ハイボールをチョイス。


一軒目に続き、乾杯で再スタート。


突き出しは鶏ミンチのロールキャベツ。


ホワイトボードに書かれている「本日のおすすめメニュー」もチェックしつつ、展開を考えます。


最初は地鶏刺し6店盛合せ(1,100円)から。
この値段で、これは凄い。


4人だったので二皿頼みましたが、@500円ちょっと。
コスパも最高です。


アルコールは黒ホッピーに切り替え。


ササミ刺
鮮度の良さがわかります。


親鶏ももたたき


砂肝刺
なかなかこのレベルのものはありません。


箸休めに自家製きゅうりぬか漬け


焼鳥は、希少部位のふりそで(手羽元の根元)さえずり(気管)を、それぞれお店の方のおススメに従いタレで。
肉質も焼き加減も抜群。


ホワイトボードのおすすめから光魚三点盛り
アジ、イワシ、〆鯖です。


テーブルの上は、一気に賑やかになりました。


創作系の揚げ茄子とローストビーフポン酢


四川風よだれ鶏


ここの板さんの腕前の幅の広さが伺えます。


ホッピーはナカをお代わり。


もう少し串焼を頼みます。
砂肝


せせりはつ
定番らしい、間違いない味。


絶品明石揚げというのが気になって、ホール係のお姉さんに質問してみました。
「明石焼きを揚げたものです」
という、聞けば「あー、なるほど」と思う答。
これも創作料理です。


外はカリッと竜田揚げ風、中はフワトロ。
そんな明石揚げは、本場の明石焼きのように出汁に浸けるのではなく、梅昆布茶に浸けて食するという、これまたアイデア。
そして、旨い。


2時間ほどじっくりと腰を据えて飲んで語りあう楽しい時間。
@3,000円強のリーズナブルなお会計を済ませ、「下町はしご酒の会」のノルマである、三軒目に向かうことにします。




関連ランキング:居酒屋 | 西日暮里駅日暮里駅三河島駅

 
夜総合点★★★☆☆ 3.5