2018年3月8日木曜日

膨大なランチメニューを擁する謎の多国籍料理、虎ノ門「百人亭」で悩んだ末にピリ辛牛タンカレー

郵政福祉琴平ビルのB1飲食店街にはディープな店が入っています。
その中の一軒が百人亭
牛タン料理を標榜しつつも、多国籍料理も同時に看板に掲げる謎の店。


ランチタイムには20種類はあるのではと思われる膨大なメニューが提供されます。
そして、更に驚くのは、全ての料理の現物サンプルが並べられていること。
しかも、牛タン料理は二品しかなく、後は脈絡も統一感も無い様々なジャンルの定食サンプルが並んでいます。
多国籍料理と銘打つことで、開き直っているのではとも思えますが、虎ノ門のサラリーマンを丸呑みにする全方位外交政策とも取れます。


店内も牛タン屋とは思えない謎の巨大な天蓋があり、従業員も店長以下全員多国籍。
まさにインターナショナルなレストランです。
牛タン屋ながら、ランチには二品しかない牛タン料理からチョイスしたのはピリ辛牛タンカレー


ご飯は麦飯。
タンと言えば麦飯と相場は決まっていますから違和感はないのですが、他の同僚が頼んだタンとは無関係の料理も麦飯でした。


結構なボリュームのピリ辛タンカレー。


ワカメスープは韓国風。


サラダの量が多いのは嬉しい。


早速いただきます。
もちろんオン・ザ・ライス。
辛い物が好きな私にとっては、ピリ辛というほどではありません。
麦飯との相性は想定通りナイス。


かなり大きな牛タンがゴロゴロと入っています。
もちろん輸入食材なのでしょうが、「牛タンを食べた感」が満たされるコスパの良さ。


お会計を済ませると入口の脇にコーヒーポットが置いてありました。
カップに入れてテイクアウトできるサービス。
このカオス感、そして謎のサービス。
二年前まで赴任していた大阪の飲食店に似ているな、と思いました。




関連ランキング:牛タン | 虎ノ門駅霞ケ関駅内幸町駅

 
昼総合点★★★☆☆ 3.0