2018年7月17日火曜日

三連休明けのドタバタで14時からのレイトランチ。そんな不幸を幸せに変える新橋「カフェテラス ポンヌフ」のハンバーグスパゲティセット

突然ランチタイムに食い込む打ち合わせが飛び込みました。
13時から本社で会議なのでランチは抜き。
昨日からイメトレ済みのランチプランはあえなく崩壊です。
14時に会議が終わり、次の会議まで一時間。
ランチタイムは14時までが相場ですが、そんな私にあるアイデアが閃きました。
地下通路を歩いて新橋駅前ビル1号館へ。
一階にある喫茶店カフェテラス ポンヌフです。


昔は並ぶ事など無かった店ですが、最近はすっかりハードルが高くなりました。
さすがにこの時間はガラガラですし、ホール係のおばちゃんたちのテンションも落ち着いて、本来の優しい接客。


注文はハンバーグスパゲティを、もちろんセットでオーダーします。


スパゲッティナポリタンを炒める懐かしい音が店内に響きます。
10分ほど待って出てきました。


相変わらずのボリュームです。


玉ねぎ多めのハンバーグもデカイ。


汁気の多いナポリタンも、厨房スタッフが親父さんのスタイルをきちんと伝承しています。
昨今廃業が続く個人店ですが、嬉しい限り。


この汁気の多いナポリタンのソースの返り血を浴びないように慎重に食べ進みます。
「懐かしいなぁ」と思っていたその矢先の出来事でした。
動画の撮影後、プレートに置いたフォークがバランスを崩して、「マトリックス」のようにスローモーションで私のパンツ目掛けて飛んで来ました。
こうなるといけないから、と思っていた負のイメージ通りの事件が発生し、先週ラーメンの汁を浴びてクリーニングに出したばかりのパンツは、ナポリタンのソースを浴びて再びクリーニング確定です。
床にフォークが落ちた音を聞き付けたおばちゃんは、すかさずフォークを持って来てくれました。
ありがとう。


中盤にパルメザンチーズを振りかけ、味変してフィニッシュ。


そろそろ食べ終わる、という頃合いを見計らって、セットのアイスコーヒー自家製プリンが出てきます。
小さな器に入ったミルクとガムシロップが添えられて出てくるのも、変わらない昭和スタイルです。


なんとも言えない、懐かしいスタイルの昭和なプリン。
たまご好きの私は、ようやくテンションが戻ってきました。


内心かなり動揺していますが、平静を装って頂きました。


大きな代償を払いましたが、ランチそのものは満足しました。
お会計を済ませて店を出ると、ナポリタンを炒め過ぎて背中が曲がってしまった親父さんが店先で玉ねぎの仕込みをしていました。
お疲れ様。





関連ランキング:喫茶店 | 新橋駅汐留駅内幸町駅

カフェテラス ポンヌフ喫茶店 / 新橋駅汐留駅内幸町駅
 
昼総合点★★★☆☆ 3.5