2018年7月24日火曜日

仕事帰りに大好きな下町で一杯。葛飾区四ツ木のもつ焼き「吉か」で下町ハイボール

今日はスカイツリーでの仕事帰りだったので、いつもなら立石に立ち寄るのですが、夜の早い立石に行くにはToo late。
そこで、以前から気になっていた四ツ木吉か(よしか)さんにお邪魔してみることにしました。
吉田類さん万波奈穂さんも訪れた「酒場放浪記」のお店です。
四ツ木駅で下りるのは久しぶり。


駅は高架になって雰囲気はすっかり変わりましたが、一歩町に入れば、そこは葛飾区らしい下町風情。


水戸街道から一本入った通り沿いに明るい看板を見つけました。
駅同様、この店も改装済みなので、比較的新しいですが、先代が昭和28年に創業した歴史のあるお店。


もつ焼きを看板に掲げていますが、個性的な味噌もつ焼きや、ユニークな創作料理もある地域密着型の居酒屋です。


味わいのある、すだれ暖簾をくぐります。


世代、性別様々なご常連で賑わうL字カウンターの端に腰掛けます。


まずは下町ハイボール
もちろんこのあたりでは「ボール」とオーダーします。


ここの琥珀色の液体は、やや酸味が強いもの。
店によって前割りの仕方が違うのも下町ハイボールの楽しさです。


メニューを眺め、展開を考えます。
一杯目を味わいながら思案する、この時間が酒飲みの至福の時。


最初は煮込みからスタートします。
大きな器に入って出てきた煮込みには生タマネギのスライスがのっています。


一味を振って口に運べば、濃厚で甘めの味噌仕立て。
シロだけで作っているので食感は単調ですが、味にパンチがあるので、下町ハイボールが進みます。


もつ焼きおまかせ4串を頼みました。


豚のハラミをタレに漬け込んだ焼肉という名前のオリジナル、弾力のあるシロ、フワフワのだんご (豚つくね)、歯応えのあるハツの四本でした。


刺身はテッポウ刺しを注文。
薬味は生姜で頼んだらニンニクが添えられて来たのはご愛嬌。
店主は平謝りですが、もちろんそのまま頂きます。


肉厚なテッポウは鮮度も良く、実に旨い。


下町ハイボールをお代わり。
料理が旨いので、酒も進みます。


締めに一品、たまご料理が食べたくて、納豆オムレツを頼みました。
納豆とネギがたっぷり入っています。ビジュアルも味も素朴で家庭的。


薄味だったので、少し醤油を垂らして頂きました。


下町ハイボールを四杯飲んでほろ酔い気分。
ニセンベロのお会計を済ませて、店を後にしました。





関連ランキング:もつ焼き | 四ツ木駅八広駅

吉かもつ焼き / 四ツ木駅八広駅
 
夜総合点★★★☆☆ 3.5