2018年7月26日木曜日

虎ノ門の老舗蕎麦屋「大坂屋 砂場 本店」のカツ丼とせいろ

今日は久しぶりに涼しくなりました。
そうは言っても30℃ありますから、真夏日なのですが。
ランチは食欲の落ちている同僚のリクエストで老舗蕎麦屋の大坂屋 砂場 本店へ。


全然食欲が衰えない私は変なのかなと思いつつ、半もりとミニヒレカツ丼のセットを頼みます。


今日は立て込んでいるのか、少し待ちました。
相変わらず明るい二階のホール係のおばさんの軽口が楽しい。
出て来たセットは、老舗蕎麦屋ながらもボリュームがあり、お値段もリーズナブルなのでコスパは良好。


ヒレカツ丼はミニと言ってもそこそこの大きさ。


半もりも名店の一人前より多いくらいで、1,000円以下という良心的な価格。


粗溶きの半熟卵で綴じられた柔らかいヒレカツに蕎麦屋らしい濃いめの出汁が染みて、実に美味なカツ丼。


もりそばのレベルは今更言うまでもありません。
キリッと濃い口のそばつゆに軽くくぐらせて手繰れば、涼味満点。


ミニかつ丼はかなり食べても、まだこの量。


今日は二階の座敷でしたが、老舗らしい落ち着いた調度で、都心の大通りに面している割には意外に静かなので、いつもまったりしてしまいます。
なんだか会社に戻るのが面倒になってしまいました。





関連ランキング:そば(蕎麦) | 虎ノ門駅内幸町駅霞ケ関駅

大坂屋 砂場 本店そば(蕎麦) / 虎ノ門駅内幸町駅霞ケ関駅
 
昼総合点★★★☆☆ 3.5