2018年7月22日日曜日

ずっと食べたかった玉子サンド。有楽町の昭和レトロパーラー「はまの屋」

今日は休日出勤で日比谷へ。
ランチのイメトレは完璧です。
ターゲットは新有楽町ビルの地下にある昭和レトロな喫茶店はまの屋
ここの玉子サンドが食べたくて仕方なかったのですが、夜の閉店が早いので、虎ノ門勤務の私にはハードルが高いお店。
今日は満を持しての訪問です。
ちょっと並びましたが5分程で入店です。


四人掛けのボックス席が並ぶ昭和レトロな佇まい。
喫茶店好きの友人によれば、オーナーが高齢のため数年前に店を閉めたものの、熱烈なファンがレシピと経営を引き継いだというストーリーがあるそうです。


卓上には昭和レトロ喫茶ならではのルーレット式おみくじ器。
やはり懐かしい三角ナプキンも味わい深いもの。


BGMは懐かしい洋楽のLPをプレーヤーで。
柔らかい音が、飴色の壁に響きます。


オーダーはもちろん玉子サンドですが、二種類組み合わせられるので、もう一品はハムサンド をチョイス。
30円プラスですが、当然トーストでお願いしました。
ドリンクはアイスコーヒー。


先にアイスコーヒーが出てきました。
ブラック派なので使いませんが、ミルクとガムシロップのミニピッチャーが嬉しい。


しばらくして出てきたサンドイッチの、何という美しさ。


姿勢を正し、厳粛な気持ちでたまごサンドをいただきます。


やっぱりトーストにしてもらうのが好き。


ちょっと塩味の玉子焼きは、なんだかご飯が食べたくなる味です。


しっかりと巻かれた玉子焼きに少し白身が見えるのが、たまご好きの私はテンションアップ。


あまりにも玉子サンドが好き過ぎて、ついつい内部をチェック。
トーストをめくって、玉子焼きの焼き加減を確かめます。


しみじみと味わって食べました。


プレスハムのサンドも実に懐かしい味。


サンドイッチをじっくり味わいながらも、壁に貼られたメニューが気になりました。
プラス150円の自家製コーヒーゼリーとプラス200円のおかわりコーヒーです。


気になったら、頼まずにはいられない性分。


コーヒーゼリーにはホイップクリームがのっています。


食べやすいサイズに細かくクラッシュされたゼリー。


平日とは違ってゆっくりとランチとコーヒー、更にはデザートまで楽しめた純喫茶三昧。
休日出勤の不幸を幸せに変える、素敵なランチタイムとなりました。





関連ランキング:喫茶店 | 有楽町駅日比谷駅銀座駅

はまの屋パーラー喫茶店 / 有楽町駅日比谷駅銀座駅
 
昼総合点★★★☆☆ 3.5