2018年7月25日水曜日

残業帰りにどうしてもホッピーでモツが食べたくて。「もつ千 虎ノ門店」でひとり酒

気が付けば19時です。
今日は早く帰ろうと思っていた目論見通りにはいかないのが、サラリーマンの悲しいところ。
こうなると一杯ひっかけて帰りたい気分。
下町酒場には遅い時間なので、地元虎ノ門で飲んで帰ることにしました。
先日貸切で振られたもつ千 虎ノ門店へ。
もつとホッピーの気分なのです。


相変わらず幅広い客層で賑わうお店で、ひとりカウンターに座って、まずは黒ホッピーからスタート。


お通しの生キャベツが出てきます。


先日アマゾンで購入したB級グルメ活動用のバッグハンガーが大活躍。


メニューを見るまでもありませんが、もつ煮込みを頼みます。


七味を振って。


豆腐も入って、ボリュームも満点。
濃厚なモツの脂が味噌仕立てに合います。


もつ焼きはお好みで一本ずつ。


タレで、上シロカシラ


肉厚で弾力のある上シロ。


しっかりと噛み応えのあるカシラ。


タンハラミハツ


ナカをお代わり。
ナカが多いので、一本で三杯飲めそうです。


ここはもつが大きいので、お腹いっぱいになります。
チェーン店ですが、モツのレベルはまずまず。


大きく厚切りのタン。


旨味が凝縮したハラミ。


プリプリしたハツ。


お代わり自由のお通しの生キャベツで野菜を補給しながら、濃いめのナカは三杯目。


酔客たちの胴間声をBGMに一時間半ほどゆるりと飲んでニセンベロのお会計。
今週も折り返し点まできました。
お疲れちゃん、俺。