2012年5月18日金曜日

職場の京阪沿線仲間とディープ京橋の路地裏「富鶴」で焼肉とてっちゃん鍋

ディープ大阪での中でもディープ度の高い京橋
JRと京阪が交差する駅の北東エリアが一般的に知られた繁華街ですが、今日はJR学研都市線を挟んだ南東の路地にある焼肉店を訪れました。

同じフロアの京阪電車で通うM部長、K部長、T君の三人と実家が京阪沿線の私の4人。
飲み食い好きの私の呼びかけで結成された「京阪会」の第一回飲み会です。
M部長肝煎りで選んだ店は富鶴
焼肉てっちゃん鍋が有名な人気店です。

廃工場が残る開発から取り残された古い住宅地。
線路を挟んだ反対側にそびえる高層マンションとのギャップが不思議な一角です。


お店は長屋のような家が続く路地にあります。


堪らないB級感。


煙と油で色が変わった板張りの壁。
ドリンクが引き出し冷蔵庫に入っています。
昭和レトロな店内。
芸能人の色紙も見えます。



テーブルにはコンロが二つセットされています。
右が焼肉用、左がてっちゃん鍋用です。



まずは生ビールで乾杯!


とりあえずツマミ。
ナムル


キムチ盛り合わせ
いずれも旨い。


名物の牛タン煮込みスライス


マヨネーズで食べるのですが、余りに旨くてもう一皿追加。


特上焼肉盛り合わせ
上タン極上ロース上バラ上ミノの盛り合わせです。
5,500円ですが4人で分けるには十分。


M部長によれば、この店は焼肉は特上、てっちゃん鍋は安いホルモンの方が旨いとのこと。
ここは先達に従います。


早速焼いていきます。
塩で。


タレで。


ポン酢で。


アルコールは赤ワインのボトルにチェンジ。


ホルモン焼盛り合わせも頼みました。
1,400円


さて、いよいよお待ちかねのてっちゃん鍋
この店に来たらこれを食べないわけにはいきません。
肉はホルモンで注文。
これで二人前1,600円


コチュジャンを大さじ3杯ほど投入します。


何だかわかりませんが「煮詰まったらこれを入れて下さい」と渡された謎の液体。


グツグツしてきました。


いい塩梅、食べごろになりました。


ホルモンのエキスとコチュジャンの味、韓国料理らしい味わい。


鍋の最後は豆腐トックを投入。


チゲ風な仕上がり。


赤ワインの後は白ワイン、そして眞露の水割りと私のアルコールも進む一方。
会話もいつしか四方山話から会社の将来を案ずる話へ。
典型的なサラリーマン飲み会の展開です。

最後はコムタンでさっぱりと締めました。


飲んで食って喋って大満足。


時計は22時。
「お先に」と同じ駅で下車するM部長とK部長は京阪京橋駅へ。
私は若手のT君を連れて駅の北側の立ち飲み屋へと向かいました。



関連ランキング:焼肉 | 京橋駅大阪ビジネスパーク駅鴫野駅


↓ クリックお願いします(^^)/
にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村



B級グルメ ブログランキングへ

富鶴焼肉 / 京橋駅大阪ビジネスパーク駅鴫野駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5