2012年5月15日火曜日

新地の昭和レトロな小料理「床喜代」でゆるりとした時の流れ。忙しさの合間に一服のランチ


午前中の打ち合わせが長引き気がつけば12時過ぎ。
やはり仕事をしていた部員のIさんと一緒にランチに出かけました。
小糠雨の降る大阪は欧陽菲菲の歌が似合いそう。(年がバレる)

Iさんから「どこに行きますか?」と聞かれ、私が提案したのはスエヒロ裏の床喜代
昭和レトロな小料理は、平成の慌ただしさを忘れるにはうってつけ。



小料理屋ですがランチはお得なラインナップ。
冬季限定のかきなべはとても美味しいのですが時期的に終わっています。

私は焼魚定食を頼みました。
見事なボリューム。


サラダが付いています。



大きな焼き鯖が半身でゴロリ。


ご飯味噌汁


焼き鯖ご飯にのせて。



ご飯は当然お代わりです。


骨の回りが旨いんです。


デザートはゆずのシャーベット


コーヒーもついてきます。


これでなんと800円

Iさんとは午前中もずっと仕事の打合せをしていたのですが、ランチではお互いの近況などを話すリラックスタイム。
出張帰りで仕事が溜まっていたのですが、つかの間の息抜きランチとなりました。




関連ランキング:懐石・会席料理 | 北新地駅西梅田駅東梅田駅


↓ クリックお願いします(^^)/
にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村



B級グルメ ブログランキングへ