2012年6月28日木曜日

新地のステーキハウス「風靡」でゴージャス気分の極上ハンバーグランチ

定期的に若手の部下M君とランチ。
今日は東京から転勤してきたM部長との初コラボ。
ちょっとリッチでゴージャスなランチにしようと私が提案したのは新地のステーキハウス風靡
ここのハンバーグランチが秀逸なのです。


ビルの地下。


落ち着いた雰囲気。
夜はちょっと敷居が高いお店ですが、ランチならOK。


うまい具合に個室に案内されました。
会話もゆったり楽しめます。

最初はサラダから。
ドレッシングの酸味に「こういう味を身体が欲していた!」とM部長が反応。
確かに単身赴任者は酢って食べないかも。
でも私は冷蔵庫に味ポンを常備し何でもかけています。


しばし待ってメインのハンバーグが登場。
なかなかのボリュームです。


上質の肉を挽いているのを以前カウンター席に座った時に見ました。
ステーキに使った端肉などを利用しているのか、一般的なお店で出るハンバーグと比べてかなりハイレベルの肉質。
注文を受けてから手ごねして焼いています。
自家製のソースもさっぱりしていながらも深みがあって美味。


付け合わせの野菜もしっかりと手がかかっています。


ほどなくセットで付いてくるミニカレーが登場。


これが全体像。
ミニカレーはちっともミニではありません。


らっきょうも上等。


ジャパニーズカレーですが、いわゆる「欧州カレー」と私たちが呼ぶジャンル。
程よいスパイスの加減。


ビーフはしっかりと煮込まれトロトロ。


食後のコーヒー。
これで1575円。
ファミレスと比べるのも失礼な話ですが、ほとんど値段は同じです。


三人で大阪のカルチャーについて四方山話。
大阪の町と人の奥深さと面白さについてひとしきり盛り上がり楽しいランチとなりました。



関連ランキング:ステーキ | 大江橋駅北新地駅西梅田駅


↓ クリックお願いします(^^)/
にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村



B級グルメ ブログランキングへ