2012年8月27日月曜日

九州新幹線で行くB級グルメの旅⑪ 【博多編】博多といえば水炊き。お一人様でも食べれる「博多 華味鳥 博多駅前店」で水たき御膳


博多の二日目。
昨夜は焼鳥長浜屋台を押さえましたが、やはり博多鶏料理といえば水炊き
しかし一人で水炊きを食べれるのか?

ちゃんとあるんです。
投宿先の近くに有名な博多 華味鳥 博多駅前店がありました。
ここでランチ限定の水たき御膳を食べようという目論見。


サッポロ黒ラベル


5分ほどで出てきました。
水たき御膳、1,200円。


想定よりもはるかに多くて嬉しい。


ご飯は白飯コラーゲン粥が選べたのですが、コラーゲン粥にしました。


小鉢


から揚げ


香の物


から揚げは揚げ立て。
大きくてジューシー。


 水炊きにはもも肉つくねレバーが入っています。


ポン酢で頂きます。



飲み過ぎ食べ過ぎの胃に優しいコラーゲン粥


自家製明太子を使った華味鳥めんたい高菜


濃厚なスープはゴクゴクと飲めちゃいます。


が入った陶器のコップに注いで。


鶏スープの出来上がり。


コラーゲン粥はお代わり。


食後のデザートは大好物のプリン


最終日のランチに相応しい納得の1,200円。
満腹のお腹をさすりながら天神西鉄福岡駅へと向かいました。




関連ランキング:鳥料理 | 博多駅祇園駅


博多華味鳥 博多駅前店水炊き / 博多駅祇園駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5


午後の観光は太宰府天満宮
西鉄でおよそ30分の電車の旅。



まだまだ福岡も暑い。


参道で名物梅ケ枝餅を焼いている店を見つけました。


一つ頂きました。
焼き立てのお餅の中にアツアツのつぶあん。
焦げ目がカリッとして美味しい。


太鼓橋・心字池
池が漢字の「心」の字に形造られていることから「心字池」と呼ばれています。
心字池に架かる御神橋は、太鼓橋・平橋・太鼓橋の三橋からなり、それぞれ過去・現在・未来をあらわしているそうです。
この橋を渡り、水の上を歩くことで心身ともに清められご神前に進みます。


全国の天満宮の総本社といわれ、学問の神様、菅原道真を祀る太宰府天満宮


御本殿
五間社流造(ごけんしゃながれづくり)で檜皮葺の屋根を備え、築400年以上を経過した現在でも桃山時代の豪壮華麗な様式を見事に伝えています。



大学受験生の三男の合格祈願。


志望校の合格を祈願して絵馬に願い事を書きました。