2012年8月27日月曜日

九州新幹線で行くB級グルメの旅⑫ 【博多編】福岡出張の時は必ず食べに来た長浜ラーメン。懐かしい、変わらない味「元祖長浜屋」

太宰府天満宮から再び福岡市内へ。
昨夜も来た長浜へ再びやって来ました。
昨日食べたナンバーワンは準備中。


その対角線にある元祖長浜屋
ネットの無い時代、複数のタクシーの運転手さんから評判を聞いて訪問したのがきっかけ。

再開発によりすぐ近くに移転していました。


駐車場ビルの一階。
昔の味わい深い店を知る私にはなんだか奇妙な感じです。


相変わらずの営業時間と価格。


入口で食券を買うスタイルになっていました。


入店するとお兄ちゃんに声をかけられます。
「固さはどうしますか!?」
ラーメンしかないこの店は麺の固さを確認してオーダーを通します。
「カタ(固茹で)で」
「カタ一丁!!」

テーブルは昔と同じ朱色のデコラテーブル。


巨大な薬缶にはお茶
これも変わっていませんでした。


小さな薬缶には替玉の時に薄まるスープを濃くするためのタレ。


店内でも追加可能。
極限のシンプルさ。


昔はおばちゃんたちもいたのですが、今日は若いお兄さんたちが当番。


お茶を一口飲む間にラーメンが到着します。
博多っ子のファーストフード。


卓上の胡麻紅生姜


こんなお作法も初めて経験したのが15年以上前のこと。


一般的なラーメンのチャーシューとは異なるスライスされた肉。
替肉なる言葉とシステムを初めて知ったのもこの店です。


博多ラーメンの特徴、細麺ストレート。


昨晩食べたナンバーワンのラーメンよりも脂が少なくすっきりとしたスープ。
私はこっちの方が好み。


もちろん替玉、といきたい所ですがどうしてももう一軒寄らなけれないけない店がありましたのでグッと我慢しました。





関連ランキング:ラーメン | 赤坂駅大濠公園駅

↓ クリックお願いします(^^)/
にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村



B級グルメ ブログランキングへ

元祖長浜屋ラーメン / 赤坂駅大濠公園駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5