2013年3月12日火曜日

「味に待ったなし、席に待ったあり」。止まり木バーの常連さんの会社の焼肉宴会に交じって人気の「万両 東天満店」を堪能。仕上げはもちろん「ホワイトラベル」

行きつけのバーホワイトラベルで親しくなった常連のIさん。
「会社の女の子のホワイトデーに焼肉のリクエストをされてるんだけど、どこがいいだろう」と相談を受けました。
マスターを交えて検討の結果、万両 東天満店が味も値段も雰囲気も良かろうということになりました。
私は東天満店に行ったことが無かったので「是非、参加させてください。出資しますから」と他社の宴会に割り込むという厚かましいお願いをしました。
段々大阪っぽくなってきたのかもしれません。

19時集合。


「味に待ったなし、席に待ったあり」とは大阪らしいインパクトのあるキャッチコピー。


Iさんたちは少し遅れると連絡があり、私は一人お店で待つことにしました。
店内は満席。
我々の席は一番奥に既にセットされています。


セットのキャベツ


腕章の色で熟練度がわかる万両グループお馴染みのスタッフ制度。
スタッフの教育は行き届いています。



Iさん一行が到着するまでの間、矯めつ眇めつメニューを見ます。
次第に頭の中に組み立てが出来てきました。



10分ほど遅れて皆さん到着。
まずは乾いた喉を潤します。
生ビールで乾杯!


オーダーはIさん任せ。
私はIさんの会社の3人の女性と自己紹介を交わし、いよいよ宴の始まりです。

自家製キムチの盛り合わせ


豆もやしのナムル


サンチュ


周辺アイテムが出揃った所で本日のメニューからレアステーキ


卵黄タレを溶いて。


これはヤバい。


塩タン


焼き物はIさんにお任せ。
実に上手に焼いてくれます。


旨い!


続いて塩モモ焼き(マルシン)です。
ももの部位で一番柔らかい芯の部分。


これはサッと炙って山葵だけでいただきます。



ドーンと出てきたのは特選上ロースステーキ風


サイコロステーキ風にカットされています。


これはからし醤油で和っぽく。


生ビールもお代わり。
女性陣のテンションも上ってきました。
Yさん、Nさんはご飯も頼んで焼肉定食モード。


塩上ロース


繊細な薄い肉は焦げ付かないように要注意。


お酒はJINROにチェンジ。
Yさんはビール、Nさんはウーロン茶、SさんとIさんと私がJINROという展開。


上カルビ
一同から歓声が上がります。


素晴らしいサシの入り具合。


そして上ハラミ
私が最も好きな部位ですが、ホルモンをあまり知らない山の手育ちのNさんはピンと来ないようです。


見るからに上質。


そして想像以上に美味。


丸腸


脂が滴り落ちます。


口の中で溶けるよう。


私の希望で更にホルモンを。
消化器系のホルモンを食べた後、呼吸器系をオーダーします。
珍しいプックギ(肺)ウルテ(食道の軟骨部)


東京時代は豚のもつ煮込みでお世話になった別名フワ


さすが大阪ウルテも普通にあるところが嬉しい限り。



その名の通りフワッとした食感。
これで380円。


もう一品。
てっちゃん(大腸)


「美味しかったですね~」
と大満足で店を出て2次会へと向かいました。




関連ランキング:焼肉 | 天満橋駅大阪天満宮駅南森町駅


万両 東天満店焼肉 / 天満橋駅大阪天満宮駅南森町駅

夜総合点★★★★ 4.0



すっかり万両を堪能した我々が5人向かったのは、もちろん南森町ホワイトラベル


再び乾杯。


充実した焼肉宴会のお陰で私も3人の女性とも仲良くなり、まるで合コン気分。
話も弾み、口が乾いてハイボールをお代わりするといういつもの危険なパターン。
多分0時過ぎに眠たくなって店を後にしたと思うのですが、最後の記憶は曖昧です。


↓ クリックお願いします(^^)/
にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村



B級グルメ ブログランキングへ