2013年5月8日水曜日

本社から転勤の先輩を囲んで歓迎の宴。私のホームグラウンド天満の「中国食府 双龍居」~バー「ラ・トラヴィアータ」で「ようこそ、大阪へ!」

4月に本社から大阪に転勤してきたH局長。
私のかつての上司でもあり、是非とも一献やりましょうとお誘いしました。
毎晩歓迎の宴席でお忙しく、4月にアポを入れたら、貰えたスケジュールは5月の今日。
ようやくその日がやってきました。
私の同期のY君とS君を引き合わせようと声をかけ、合計4人で私のホームグラウンド天満へ。
もちろんお店は宴会に使い勝手のいい双龍居を、ご紹介を兼ねてセッティングしました。


まずは乾杯。


200種類もあるメニューからのセレクションは私におまかせあれ、ということで自分の好みも織り交ぜつつ。
前菜はピータン細切り中国豆腐蒸し鶏を盛り合わせてもらいました。


ジャンボ焼餃子
日南もち豚です。


春巻


小龍包


お酒は紹興酒へ。
私たちはロックにしましたが、H局長はストレート。
私はあらかじめ「中国酒1本サービス」という割引券をネットから入手しておきました。
幹事の気配り。


辛い料理が名物の店。
麻婆豆腐はマストアイテム。


豆苗のにんにく炒め
名物料理です。


ザーサイ
ちょっと摘まみながら中休み。


大阪出身とはいえ、大学からずっと東京のH局長にとっては大阪の様変わりは隔世の感。
それは同じ境遇の私も同感です。

H局長とY君、S君も打ち解けて仕事の話から遊びの話まで会話も弾みます。
紹興酒は二本目に突入。

定番を押さえた所で皆さんのご希望も聞いて。
H局長は日南もち豚と白菜の春雨炒め


Y君からは玉子焼のリクエスト。
私も密かに食べたかったので、ちょっと嬉しい。
これは300円と破格。


「最後にスペースを空けておいて下さいね」
とメンバーにお願いしていたのは、この名物料理を食べていただくため。
牛肉の四川風煮込み(玉子麺付き)


牛肉キャベツの激辛煮込みから具を引き上げ、玉子麺を投入し、混ぜて取り分けます。





2時間半の宴会で、色んな会話が出来、私には懐かしい再会、同期二人には初めましての新しい出会いとなりました。




関連ランキング:中華料理 | 天満駅扇町駅天神橋筋六丁目駅

「もう一軒行きましょうよ」
と皆を連れて行ったのは天満市場裏のバーラ・トラヴィアータ
この辺りで宴席があると、いつも立ち寄る昭和の大人バー。


今にも潰れそうなビルの急な階段を地下に降りると、そこは時間が止まった空間。



私はハイボールで。


こうなってくると、どうしても真面目な話になるのが我々の世代。
二階建てスケジュールとなっているH局長は途中で退席。
残った同期三人で、ますます激論を交わします。
30年前に新入社員時代に独身寮で同じ釜の飯を食った仲間が、お互い50過ぎの管理職としてこんな会話が出来ることを、私は内心嬉しく思いました。


歓迎会にも関わらず、二軒目はH局長が置いて行った諭吉でごちそうになってしまいました。
ありがとうございました。
今後とも宜しくお願い致します。



ラ・トラヴィアータバー / 天満駅天神橋筋六丁目駅扇町駅

夜総合点★★★☆☆ 3.3




関連ランキング:バー | 天満駅天神橋筋六丁目駅扇町駅



↓ クリックお願いします(^^)/
にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村



B級グルメ ブログランキングへ