2013年6月16日日曜日

バイクツーリングで熊野詣。那智勝浦漁港でマグロのセリを見学し「勝浦にぎわい広場朝市」で潮風を感じながら絶品朝ご飯!

昨夜はまぐろを食べ過ぎて朝起きてもお腹いっぱい。


こういう時はお風呂に入って体力を消耗すればお腹がすくのです。
源泉100%のかけ流しにつかりながら、朝日に輝く海を見れば胃の活動も活性化。


素泊まりの宿なので、朝ご飯をどこで食べるのがいいのかご主人に聞きました。
めしや里という店が漁港の横にあって、港で働く人が食べに来る美味しくて量の多い店です。でもお腹いっぱいなら、今日は日曜なので、漁港のにぎわい広場で朝市やってますよ。そこで色んなものが安く食べられますからどうですか?」
とリコメンド。

7時にチェックアウトして早速勝浦漁港へ。


大量のまぐろが並んでいます。
セリで賑わう市場。
まぐろの尾ヒレの断面を見てセリ値を決めるプロの仲買人たち。


2階のデッキから見学しました。
オークション形式ではなく、一発勝負なので淡々と進行していきます。


大物も揚がっています。
すごいなあ。


朝市の会場、にぎわい広場は岸壁のすぐ横。


いきなり試食です。


さんま


食べ放題!


活きのいい魚介。


当然でしょう、隣が市場なんですから。


巨大な釜で作られたまぐろそぼろ煮


昨日食べ切れなったまぐろのカマ
なんと300円!
一瞬返り討も考えましたが、グッと我慢。


さんま寿司、というのが気になりました。
380円



さあ食べよう、と座ったものの隣の店の暖簾を見てびっくり。
天満でまぐろ専門の居酒屋をやっている店。




「ここで食べれますか」
と聞いたところ
中落ちならそのまま食べれますよ」
とのこと。
500円



かくしてこういう結果に。


潮風を感じながら漁港で朝食。
最高の贅沢。


旨いなぁ。



隣の観光客がつみれ汁を食べているのを発見。
どこで売っているのかと思えば、先ほどのカマを焼いていた屋台にありました。


150円


いつもの事ですが、本当に生きてて良かった。


珍しいマグロのセリを見学し、港で美味しい朝ご飯。
天気もいいし、今日のツーリングは幸先良いスタートです。


大きな地図で見る

↓ クリックお願いします(^^)/

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村



B級グルメ ブログランキングへ