2014年6月21日土曜日

バイクで巡る鳥取~岡山~兵庫B級グルメの旅③ 夢にまで見た憧れの蒜山やきそばを「悠悠」で。B-1グランプリ優勝の実力に感動

ツーリングの二日目は米子から松江に向かい、中海へ。
中海大橋中海堤防道路、そして通称ベタ踏み坂として知られる江島大橋を渡ります。


その後、米子自動車道溝口ICから鳥取県道45号線を走り、大山の山懐にある桝水高原へ。


大山の中腹、およそ標高900メートルの道を気持ちよくワインディング。


蒜山大山スカイラインを下って蒜山高原にやってきました。


今回の旅のハイライト、蒜山焼きそばを食べるためです。
数ある店の中から選んだのは悠悠


B-1グランプリ優勝のご当地B級グルメ、蒜山焼きそばの人気店です。


蒜山やきそばの定義は3つ。
地産のかしわ肉高原キャベツ、そして濃厚な味噌ベースの甘辛ダレ
10店の公認店はそれぞれにアレンジを利かせて特色を出しているようです。


もちろん注文は蒜山焼きそば
この店では自信と誇りを込めて、あえて「ひるぜんの焼きそば」という呼び方をしています。
とても感じの良い女性店員さんが3人で切り盛り。
なんとも家庭的な雰囲気です。


まず鶏肉を炒めます。


続いてキャベツタマネギを加えて炒めます。


そしてを投入。
豪快に炒めます。


出来ました。


夢にまで見た憧れの蒜山やきそば。


大きな鶏肉


中太の麺に特製の甘辛味噌ダレが絡みます。


さすがB-1グランプリ優勝の実力。
何とも素晴らしい味に感動して言葉もありません。


「お好みで一味を振るといいですよ」
と教わったので、辛いのが好きな私は早速試してみました。


一段とタレの味が引き立つようです。
やや油の多い炒め方もB級グルメらしくて好ましいもの。
毎日食べたい位の味でした。


蒜山焼きそばの美味しさもさることながら、この店も接客も秀逸。
見るからにバイク野郎とわかる私に、
「どちらからいらしたんですか?」
と話しかけてきます。
もちろん地元蒜山蒜山焼きそばのPRもさりげなく。
郷土を愛し、ご当地B級グルメを愛する素晴らしい女性店員さんたちに
「お気をつけて」
と見送られ、お値段とお味以上の満足感でいっぱいの私はバイクに跨りスロットルを大きく回しました。



関連ランキング:焼きそば | 真庭市その他

↓ クリックお願いします(^^)/
食べログ グルメブログランキング



B級グルメ ブログランキングへ

悠悠焼きそば / 真庭市その他)

昼総合点★★★☆☆ 3.5