2014年6月20日金曜日

バイクで巡る鳥取~岡山~兵庫B級グルメの旅① 鳥取市のご当地B級グルメ、ホルモン焼きそばを創業54年の「まつやホルモン店」で


金曜日に休暇を取って、二泊三日で香川県讃岐うどんを食べにツーリングに行く計画を立てていましたが、天気予報は無情にも週末の雨を告げています。
そこで出発前日に急遽方針を変更し、天候が落ち着いている鳥取県を旅の目的地にしました。
鳥取道も全線開通し、かねてから気になっていた山陰のB級グルメ探訪にバイクで行けるいい機会。
出発前日に決めたので、事前のリサーチは十分ではありませんでしたが、狙いはほぼ定まっていました。

大阪から3時間、ずっと行きたかった鳥取砂丘


西側からアプローチしたので、観光客にも会わず、広大な砂丘を独り占め。


気温はぐんぐん上がって汗ばむ陽気です。


鳥取市でのターゲットはホルモン焼きそば
牛の生産地として古くから栄えた土地柄が生んだご当地B級グルメ。

鳥取駅からもさほど遠くはないのですが、閑静な住宅街にあるまつやホルモン店


何とも味わい深い店構えです。


年季の入った店内。
カウンターには使い込まれた大きな鉄板が2つ。


鍋のおでんも美味しそう。
お酒のラインナップを見ると、大好きな島美人赤霧島がありました。
夜に来たくなる店です。


ホルモン焼きのお店ですから、納得のラインナップ。
名物のホルモンそばを始めとする焼きそば類は、夜の〆だったものがランチでも食べられるようになったとか。


卓上には各種のタレ。


お母さんがホルモンネギを鉄板で炒めます。


もやしを投入します。


秘伝の味噌ダレも加えて更に炒めます。
にんにく入れてもいいですか?」
と聞かれたので、もちろんお願いしました。
先代以来創業50年以上。
このタレが美味しさの秘密。


中華麺をほぐして加えます。
結構な量です。


更に味噌ダレを加えて炒めます。


タレが器に入って出てきました。
いよいよです。


出来上がりました。


ホルモンはタレにつけて食べてくださいね。麺はあんまりつけると辛いから」
とお母さん。
ピリ辛の味噌ダレは濃厚でホルモンにピッタリ。


教わったとおりにいただきます。


日本蕎麦のように麺の先だけちょっとつけるのが正解。


かなりの量のホルモンが入っています。
ホルモン好き、麺好きの私には実に嬉しい料理。


私が食べ始めた頃から、続々とお客さんが入ってきました。
たちまち満員です。
もちろん地元の方ばかり。
オーダーも決まっているようです。
1.5とか、2とか、小ライス、などとオーダーが飛び交います。
どうやら一人で二人前食べる猛者もいるようです。


私の隣の3人連れは4人前をオーダーして分けています。


別の鉄板では若いサラリーマンが二人で4人前。


中太の中華麺と鮮度のいいホルモン、そして秘伝のピリ辛味噌ダレ。
絶妙のコンビネーションは、文句なしの超B級グルメ。
どうやら、今回の旅も楽しくなりそうです。



関連ランキング:ホルモン | 鳥取駅

↓ クリックお願いします(^^)/
食べログ グルメブログランキング



B級グルメ ブログランキングへ

まつやホルモン店ホルモン / 鳥取駅

昼総合点★★★☆☆ 3.3