2015年1月16日金曜日

今年初「うだま」。梅田で一番旨いと思ううどん屋で釜玉にちく天トッピング

年明けも三週目に入りました。
年始のランチご挨拶回りで、ようやく大好きなうどん屋に来ることが出来ました。
大阪駅前第3ビルB1にあるうだま
運良く行列の先頭。


ランチ限定の丼とのセットメニューがありました。
いろいろと工夫して進化を続けているようです。


しかし今日の私は釜玉に決め打ちです。
小盛、ちく天トッピング


相変わらず美しい艶。
しかし、なかなかにしっかりとした粘りと弾力がありながら、滑らかな喉越しを兼ね備えた麺なのです。


ちく天は揚げたての熱々。


薬味のネギも瑞々しい。


この店の釜玉は、卵がうどんの下に隠されています。


生醤油をかけ回して、卵黄を突き崩し、グルグルとかき混ぜます。


この店の卵は黄身の色が濃いのです。


ネギとちく天をのせて、スタンバイ完了。


うどんは2本。
それ以上は太すぎて長すぎて啜ることができません。


黄身の絡まり具合といい、白身の固まり具合といい、絶妙な状態です。


もうこのあたりになってくると、たまごマニアの私は気絶しそうな位の大興奮。


完食完飲です。


帰るときには行列が出来ていました。
ですが、丁寧で心のこもった接客なので、食べている人も待っている人もストレスはありません。
スタンドうどん屋と侮れない、驚くべき実力店。
「今年もきっと世話になるなぁ」
と大満足で店を後にしました。



食べログ グルメブログランキング


にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村



B級グルメ ブログランキングへ