2017年8月12日土曜日

袋めんにもなっている京都発の人気ラーメン店。実家近くの「 麺屋 たけ井 R1号店」で30分並んで味玉つけ麺並盛

宇治の平等院天ヶ瀬ダムのプチ観光帰りにランチで立ち寄ったのは麺屋 たけ井 R1号店


京都発のお店ですが、袋めんにもなり東京でも売っているほどの人気店の支店。
国道1号線の洞ヶ峠近くにあります。


行列に並ぶ前にお店の方に店頭でラーメンの種類と味の説明があります。
初めての我々には、わかりやすい丁寧な解説。


その話を聞いてから店内の券売機で食券を買い、行列に並ぶというシステム。


私は味玉つけ麺並盛にしました。
麺の量は280g。


すだれで日よけ対策がされているとはいえ、この気温で外で待つのはかなり暑いです。
長椅子が置いてあるので立って並ばなくていいのは助かります。
相席にしないシステムのため、待ち時間は長くなりますが、落ち着いて食べることができるメリットもあります。
30分並んでエアコンの効いた店内のボックス席に案内され、人心地ついたところでつけ麺が出てきました。


厚切りの大きなチャーシューが麺の上にのっています。


トッピングした味玉は、つけ汁にイン。


こちらは妻が頼んだ清湯(ちんたん)らーめん
ひと口分けてもらいました。
濃口醬油を使っているので見た目は味が濃そうですがクリアなスープ。豚骨と大量の煮干しでインパクトのある味です。
太めの平打ち麺がスープともよく合っていて、これもまた美味しい。


この店は城陽の本店とは異なる取り組みがいくつかあります。
極太全粒粉は自家製麺。


つけ汁の豚骨魚介は濃厚ながらも本店に比較してマイルドな仕上げにしているそうです。


大きなチャーシューもつけ汁に浸けて。
柔らかい。


並盛でも280gあるので、食べ応えがあります。
かなり食べたようで、まだ半分残っています。


松戸富田麺屋一燈にも通じる味ですが、関西でも濃厚豚骨魚介×極太麺のつけ麺文化が広まりつつあるのでしょう。


味玉に箸を入れます。
いい具合の半熟。


底の方に沈んでいた角切りのチャーシューやシナチクを発見。


そろそろフィニッシュです。


最後はもちろんスープ割。
ポットに入った魚介出汁で割ります。


慎重に食べたつもりでしたが、ポロシャツの胸にいくつかつけ汁が飛んでいました。
紙ナプキンがあったかどうかわかりませんが、聞いてみるべきでした。

お店を出ると、入店時に説明してくれた親切なホール係のお姉さんがお店の外まで見送りに来て、不手際が無かったか、味は気に入ってくれたか、と声をかけてきました。
行列店はとかく接客がぞんざいになりがちですが、最後にこう見送られると気持ちが良いものです。




関連ランキング:つけ麺 | 樟葉駅松井山手駅長尾駅

麺屋 たけ井 R1号店つけ麺 / 樟葉駅松井山手駅長尾駅
 
昼総合点★★★☆☆ 3.5