2018年4月10日火曜日

虎ノ門の焼魚の定番スポットのひとつ「さくらさく」を新メンバーにご紹介。週替わりの鯖の文化干し

新任のY部長とランチ。
虎ノ門は初めての彼から和食の店を所望されました。
私の中では昨年末に急に閉めてしまった花たろうを超える店はありませんが、上位に位置するのはさくらさく


12時半でもまだ並ぶ人気店です。
並んでいる間にメニューをチェック。
今日は週替わりの鯖の文化干しにします。


5分ほど待って案内されました。
料理が出てくるまでさらに10分ほど。
生卵をトッピングしました。


炭火で焼くので、美味しいここの焼魚。


ミニサラダや小鉢類も充実しているのがいい。


味噌汁も偏差値が高いもの。


ご飯はお茶碗ですが、お代わりは一杯まで無料。
私は我慢しますが。


鯖の文化干しは、炭火でカリッと焼けた表面と、脂ののった身のコントラストが楽しい。


もちろんオン・ザ・ライスで。


ご飯が少し減ったところで、追加で注文した生卵をインしてTKG。


ダイレクトインからの粗目の溶き加減が私の好み。


卓上にある食べ放題の味付け海苔で頬かむり。
これもわたし的には高評価のポイント。


鯖の文化干しもTKGにオン・ザ・ライス。


1,000円でおつりが来るコスパの良さは、私が長年ランチ生活を送った新橋、銀座界隈とは違ってコスパのいいもの。
800円台で納得のいくランチが食べられる虎ノ門は、サラリーマンには心強いエリアです。




関連ランキング:居酒屋 | 虎ノ門駅内幸町駅霞ケ関駅

さくらさく居酒屋 / 虎ノ門駅内幸町駅霞ケ関駅
 
昼総合点★★★☆☆ 3.5