2019年5月19日日曜日

日曜日に息子と地元でサシ飲み② 八千代の人気山形ラーメンの新業態支店、勝田台「金ちゃんBEYOND」を締めでリサーチ。ワンタン味噌Soba 味玉トッピングで腹パンBEYOND!


優しいご夫婦が切り盛りする勝田台の昭和大衆割烹「浜よし」串あげを堪能した私は、もうちょっと飲むか食べるかしたい気分。
竹うちでもう一杯飲むか、金ちゃんでラーメン食べるか、どっちがいい?」
と息子に水を向けます。
「いい年して、まだ行くの?ラーメンなら付き合ってもいいよ」
との返事を言質に、勝田台駅南口に最近オープンした新店に向かいます。
八千代の山形ラーメンの人気店「金ちゃん」が、その新業態店を勝田台に出したのです。
オーソドックスな正統派醤油ラーメンや、味噌ラーメンを出すお店ですが、新店の名前はなんと「金ちゃんBEYOND」といいますから、「自らを超える新境地」的な意味があるのでしょう。


日曜日とあって19時過ぎですがすんなりと入店できました。
入口で食券を購入し、食券を渡します。
息子は中華Sobaという醤油ラーメン、私はワンタン味噌Sobaという味噌ラーメンにワンタンがトッピングされたものに、更に味玉トッピング します。


まだオープンしたてということもありますが、店内は明るく清潔で、厨房も磨きがかかっています。
これは八千代のお店もそうでしたので、期待が高まります。


先に出て来た息子の中華Sobaは、正統派のビジュアルながらも脂をしっかりと浮かせています。
醤油の色もやや濃い目で、スープをひと口分けてもらいましたが、やはり少しパンチを感じます。


続いて私の味噌Sobaも出てきました。
出てきた瞬間「しまった!」と思う量。
私の年で、これは食べ過ぎです。


穴あきのレンゲには辛味噌が付いてきます。
確か八千代店は、メニューがそもそも別だったはずで、この店では好みで二つの味を楽しめるということになります。


トッピングのワンタンは餡もたっぷり入ったものが、四つ。
もやし、ひき肉、ナルト、チャーシュー、シナチク、更にとうもろこしが味噌感を際立たせます。
追加の味玉もあって、麺が見えないほどの豪華具材です。


まずはスープをひと口。
味噌はさほど濃厚ではなく、口当たりの良い味。
八千代店では味噌ラーメンを食べていなので、比較はできませんが、かなり食べやすい味です。


とはいえ、味噌ラーメンらしいコクはしっかりとあり、中太の縮れ麺との相性は抜群です。


さすがにワンタンが多いので息子に譲りますが、一つしか引き取ってくれません。


中盤に辛味噌を溶いて、辛さを増して味変します。


なかなかに美味しいラーメンなのですが、いつもなら難なく平らげる大好物の味玉や、トロトロのバラ肉チャーシューさえも疎ましく思える程の腹パンになってきました。


何とか寄り切りましたが、完全に食べ過ぎ。
腹パンの領域を完全に超えてしまいました。
店名のもじりではありませんが、「腹パンBEYOND」です。
気が付けば、今日はランチに続いて二杯目のラーメン。
明日は飲み会もあるので、更なる自制心が求められるところです。





関連ランキング:ラーメン | 勝田台駅東葉勝田台駅