2019年5月30日木曜日

歓送迎会は激辛石焼麻婆豆腐で有名な西新橋「味覚二号店」で賑やかに


今日は職場の歓送迎会。
主賓のSさんが「激辛好き」ということで、幹事団は味覚二号店をチョイスし、先日私と一緒にランチがてらの下見も済ませました。
あまり広くないお店ですが、奥に一段床が高くなった、区切られたスペースがあります。
我々の人数ではちょっと窮屈なのですが、セグメントされている方が良かろうと、そちらでお願いしました。


料理は「吉コース」
税込5,180円の全11品、飲み放題2.5時間付きという内容です。
この店には何度もランチを食べに来たことがありますが、実は夜は初めて。
飲み放題メニューにはホッピーがあって、私はロックオンです。
しかし、メニューに書かれている「食べ放題+飲み放題2時間3,380円」というタイトルに驚きました。
幹事が頼んだのは食べ放題なのかと勘違いしたのですが、このメニューはあくまでも飲み放題用にテーブルに置かれていたのでした。
しかし、食べ放題で3,380円というのも凄いです。


まずは生ビールで乾杯。
私が音頭を取りましたが、泡が無くならないようにベリーショートなスピーチにしました。
「プレモルの香るエール」はひと口飲むとジョッキだけの偽りではなく、本物だとわかりますが、一人三杯までという制限付き。


最初に「充実前菜盛り合わせ」が出てきます。
「充実」と自称するところが可笑しいですが、マスコミ取材慣れした当店ですから、自信満々なのでしょう。


私はアルコールを早速ホッピーにチェンジ。
白も黒もあるというので、からスタートします。
「秘密皮付き柔らか角煮」は何が秘密なのかはわかりませんでしたが、濃厚でトロトロに柔らかい。


「名物鉄鍋ゴマ棒餃子」は鉄板に乗ってジュウジュウと音を立てながらの登場で、一同から歓声があがります。
しかし表からみると棒餃子ですが、裏は丸い皮が一か所で留めてあるだけで、「普通の餃子の手抜きバージョンじゃない?」という厳しい意見もありましたが、味はジューシーでグッド。


あっという間にホッピーナカをお代わり。

次の「海老のチリソース&マヨネーズ」はどちらかでも両方でも頼めるシステムだったので、もちろん両方を半分ずつにしてもらいました。
想像以上に綺麗な盛り付けに、「やっぱり取材慣れしてるんじゃない?」の声。


会話が弾んで喉が渇き、ホッピーに展開します。


「トマト、牛肉のブリスケット」というのはトマトと牛バラ肉のスープ。
これが中華料理なのかは判然としませんが、さっぱりしているのに濃厚で、これも旨い。


「特製極上小龍包」からは肉汁がジュワー。


黒ホッピーナカをお代わりした所で、お待ちかねの「味覚石焼麻婆豆腐」の登場です。


13人に対して石焼鍋が3つ。
二つを普通辛、一つを中辛にしてもらい、中辛は主賓のSさんの前へ。


食べ比べると辛さの違いが良くわかります。ご飯が欲しくなる味です。


「上海蟹みそ入りフカヒレスープ」も出てきました。


ホッピーはナカが濃いので、結局三杯で一本。


「時令野菜」豆苗炒めを挟んで名物の角煮炒飯と、月曜日のランチでも食べた麻辣刀削麺で締め。


飲み放題のラストコールに紹興酒ロックを頼みましたが、二杯頼んでいる猛者も。
すっかり腹パンです。


デザートは杏仁豆腐


最後に主賓からご挨拶を貰って、お開き。
お店の前で店員さんに集合写真を撮ってもらいましたが、これも妙に慣れた手つきでした。




関連ランキング:四川料理 | 内幸町駅虎ノ門駅新橋駅

 
夜総合点★★★☆☆ 3.5