2012年9月2日日曜日

和歌山ラーメンを訪ねて① 郊外の住宅地にある「正善」は地元客で賑わう家庭的な店


1990年代後半、東京に進出したまっち棒和歌山ラーメンという呼称を使用し、その後井出商店TVチャンピオン日本一うまいラーメンに選ばれて火がつきました。

当の和歌山の人たちは自分たちのラーメン文化がなぜ全国的に人気が出たのか戸惑いがあったようです。

もちろん私も東京では和歌山ラーメンはチェック済み。
とはいえ本場和歌山が目と鼻の先の大阪にいて訪ねないわけにはいきません。
今日はバイクツーリングを兼ねて紀州路へとハンドルを向けました。

和歌山県境を越えると程なく六十谷(むそた)という町に出ます。
そこが本日の一軒目。
郊外の一見何の変哲もない店ながら高評価の中華そば専門店正善(まさよし)


 私は12時前に入店したのですぐに座れましたがこの後すぐに行列になりました。


店内は地元のお客さんで活気に溢れています。


メニューに見慣れないサバ早すし巻すし
そして玉子があえて別表記。


そうなんです。
和歌山ラーメン文化の特徴の一つ。
ほぼすべての人が寿司茹で卵ラーメンを待つ間に、あるいはラーメンを食べながら食するのです。
ルーツは定かではありませんが、非常にユニークな風習といえるでしょう。


これがそのさば寿司



早すしとは紀州名物の腐り鮨「なれずし」を十分に発酵させていない状態の鯖寿司。
つまり「早なれ」ということ。



さて茹で卵


つるりと剥いて塩をかけてモグモグ。
もちろんラーメンに入れている人もいます。


出てきました、中華そば
ほとんどの店で大盛りの注文は可能であるものの、標準では少なめに設定されています。
これは、お客さんが中華そばと同時に早すしを食べることを前提にしているからです。
う~ん、奥が深い。
私も予習してあったのであえて大盛にはしませんでした。


薄いチャーシューはトロミのある柔らかいもの。


しっかり醤油で煮込まれたシナチク


麺は中太ストレート。


和歌山ラーメン豚骨醤油スープですが、醤油が優るか豚骨が優るかで二系統に分かれているそうです。
この店は豚骨ベースの豚骨醤油味


トロ味があるのにくどくないスープは絶品。


巻すしも気になって手に取りました。


恵方巻のようにガブリと食べながら、濃厚な豚骨醤油スープをゴクゴクと。
なるほど、これはいいマッチング。


というわけで完飲。


まだ和歌山ラーメンの一端に触れただけどはいえ、かなり私にはストライクの予感。
バイクに跨り二軒目に向けてスロットルを回します。



関連ランキング:ラーメン | 六十谷駅


↓ クリックお願いします(^^)/
にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村



B級グルメ ブログランキングへ

中華そば専門店 正善ラーメン / 六十谷駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5