2014年5月1日木曜日

消費税増税後初訪問。新メニュー導入で今後もパトロールが必要な西梅田「さぬきうどん四国屋」

このところうどんといえば大阪駅前第3ビルうだま一辺倒。
しかも炭水化物ダイエット中とあって、うどん率は相当低下しています。
今日は同僚のM部長の胃の調子に合わせてうどんとなりました。
よく通った西梅田さぬきうどん四国屋もおよそ2ヵ月ぶり。


メニューが変わっていました。
消費税増税により内税の価格表示を変更しています。
また、ミニうどんが付かないお得な単品の丼やを始め丼・定食類が充実、牛すじ肉のカレーなど気になる新メニューも登場しています。


定番の人気メニューカレーうどん770円から790円と店側が2円弱負担する妥当な価格転嫁となっています。
一方きつねうどん620円から640円となり、お客の側が約2円強負担する価格設定です。
メニューによって転嫁率を変えているようです。
これは内税表示方式を取る店ではよくみられる現象ですが、便乗値上げにはなっていないようです。


消費税増税前のメニュー
消費税増税前のメニュー

今日の大阪は暑いので、私が注文したのは冷し。
温玉ちく天肉おろしうどん
これは900円から930円と4円強高くなっていました。
もっともそれは、こうしてブログを書いていてわかったことですが。


すき焼き風に甘辛く煮た牛肉


揚げたてのちく天


たっぷりの大根おろし


大好物の温玉がセンターに。


箸を入れて黄身を露出させ、肉と共に太麺に絡めていただきます。


ちょっとパトロールを怠っていたので、思わぬことになっていました。
牛すじ肉のカレーうどん丼物は要チェックです。
ジムの前のカーボローディングルートに加える必要が出て来ました。



関連ランキング:うどん | 西梅田駅北新地駅渡辺橋駅

↓ クリックお願いします(^^)/
食べログ グルメブログランキング



B級グルメ ブログランキングへ