2014年8月22日金曜日

初めての台湾、初めての台北でB級グルメ満喫の旅① 旅の始まりは中山長春路の「京鼎楼」で小籠包

ずっと行ってみたかった台湾
行った人に話を聞くと、皆さん異口同音に「景色が素晴らしい」「食べ物が美味しい」「人が親切」といった言葉が返って来ます。
大阪に来て、LCCならかなり安く行ける事を知り、安いホテルも自分で手配して週末から2泊3日で出かけました。
私の好きな麺や丼をはじめとする庶民的な台湾料理を、安いお店や屋台を中心に巡り、どれだけ食べられるか胃袋の限界に挑戦です。


飛行機の出発が1時間近く遅れ、ホテルにチェックインしたのは21時前。
日本時間なら22時ですが、早速活動を開始します。


何をおいてもまずは小籠包から、とタクシーを拾って向かったのは京鼎楼(ジンディンロウ)
ここはあの有名な鼎泰豐(ディンタイフォン)で長年修行した三兄弟が出した店。


自分の名前を伝え、5分待ちで入れました。


入口脇では黙々と小籠包を作る店員さんたち。


私が案内されたのは二階席。


既にテーブルには基本のセッティングがされています。
小籠包を頼まない訳にはいかない千切りの生姜。


とりあえず生ビール
瓶入りですが、生なのです。
ライトな味わいの台湾啤酒(タイワンピージュウ)
日本のビールのように泡立ちは良くありませんが、今日一日ずっと我慢していたので、実に旨い。


醤油と酢を混ぜて、準備万端です。


ほかほかの湯気がたった小籠包が運ばれてきました。


モチモチな感じが食べる前から伝わって来ます。


こうやって生姜醤油をのせて端っこを少し齧ってスープを啜りながら頂きます。
もちろんこのスープは絶対こぼさないように要注意。


内部はこんな感じです。


野菜も頼みました。
豆苗炒
中華スープと塩で整えたさっぱり味ですが、ニンニクが効いています。
食べ始めたら、なんだか空心菜みたいなので、確認しましたが
「豆苗!」
とおばさんに言われてしまっては、中国語が話せない私もそれ以上は何とも言えません。


あまりにお腹が空いていたので一気に食べ終わりました。
もっと色々と食べたい所ですが、ここはこれで終わりにして、台北名物の夜市へ繰り出すことにしました。



関連ランキング:台湾料理 | 雙連駅周辺

↓ クリックお願いします(^^)/


食べログ グルメブログランキング


にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村



B級グルメ ブログランキングへ


京鼎楼台湾料理 / 雙連駅周辺)

夜総合点★★★☆☆ 3.3