2014年8月30日土曜日

志摩半島一泊二日ツーリング③ すっかり寂れた鳥羽で偶然見つけたアットホームな食堂「御食事処 丸栄」。貝盛定食は思いがけず大当たり

道の駅 紀伊長島マンボウマンボウ串焼きを食べた後、志摩半島の南岸沿いに国道260号線を東へ走ります。
美しい入江が続く気持ちいいワインディング。


鄙びた漁港が点在する、どこか懐かしい風景。


志摩が近づいてきました。


英虞湾が一望できる横山展望台からの眺め。
自然が造り出した見事な造形美。


今夜の宿は旅程の都合で鳥羽
有名な鳥羽水族館ミキモトパールもどこか寂れた印象。
街全体に活気がありません。
時代の変化についていけず、観光資源の開発に失敗した町は日本全国枚挙にいとまがありません。
残念ながらここもその町の一つとなってしまったようです。
鳥羽駅の寂れ具合も相当なもの。

素泊まりなので晩ご飯の場所を物色。
いくつか下調べしてきたものの、どこも観光客相手のオオバコ店で、媚びた雰囲気と値段の高さで食指が動きませんでした。

そんな中で、とある地味な店を発見。


御食事処 丸栄


値段は観光地としてはまあまあ。


引き戸を開けて中へ入りました。


お茶と新聞が机の上に置かれました。
ホール係は厨房にいるご夫婦のお嬢さんでしょうか。
他に地元の高校生のアルバイト。
素朴な感じが好印象。


かなり悩みましたが
「鳥羽と言えば真珠。だったら貝だよな」
と自分勝手な理屈で貝盛定食(車海老付)1,880円にしました。


宿はさほど遠くはないのですが、バイクで来たのでノンアルコール。
お茶を飲みながら待っていると、続々とお客さんがやって来ました。
家族連れ、若者グループなどまちまちです。

10分ほどして私の貝盛定食が運ばれてきました。


メニューの写真は見ていましたが、想像以上に立派。
いずれも焼き立て。


ご飯は大盛、味噌汁もナミナミ、お新香は塩気もきいて、さながら漁師メシのよう。
1日バイクに乗って疲れた身体に効きそうです。


 小鉢はイカのヌタ。


ご当地名産のヒオウギ貝。
アッパ貝とも呼ばれています。


カラス貝。
これは焼物でなく、煮物。


大あさり。


車海老が貝の上に鎮座しています。


私の大好物サザエの壺焼きも二個。
これはかなりコストパフォーマンスがいいです。


もうオン・ザ・ライスしかありません。


車海老は頭を剥いて、味噌まで残さず頂きます。


車海老もオン・ザ・ライスにして、貝殻に溜まっている醤油と混ざった貝汁をかけます。
この汁に貝のエキスがしみ込んでいるのですから、残すなどもっての外。


サザエはクルリとはらわたまで取り出します。


オン・ザ・ライスの極め付け。


さざえから醤油を垂らして絶品サザエ丼の完成。


旨過ぎます。


完食。
大満足です。


店を出る時はお店は満席。
他のお客さんが頼んでいた車海老フライはジャンボサイズ。
思いもかけず良い店に出会ったので気分も良し。
コンビニでアルコールを調達して宿で部屋飲みをしようと、バイクに跨りエンジンをかけました。



関連ランキング:魚介・海鮮料理 | 鳥羽駅中之郷駅

↓ クリックお願いします(^^)/


食べログ グルメブログランキング


にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村



B級グルメ ブログランキングへ


御食事処 丸栄魚介・海鮮料理 / 鳥羽駅中之郷駅

夜総合点★★★☆☆ 3.3