2014年10月21日火曜日

スタッフに採用された部員のお祝いランチ。新地の割烹「日本料理 一陽」の個室でプチゴージャスな会席ランチ

半年前から我が部で働いていた派遣社員のNさんが、スタッフとして正式採用されました。
今日は、そのお祝いランチ。
ちょっと贅沢な気分が味わえる新地の割烹、日本料理 一陽のランチ会席を予約しました。


個室というのが落ち着きます。


秋らしい紙敷。


前菜。
牡蠣の茶碗蒸し白和えお浸しサバの押し寿司
彩りも美しい。

茶碗蒸しの牡蠣。
もうそんな季節です。


お造りはヨコワと熊本のヤガラの薄造り


紫蘇の花が美しい。


ヤガラはおろしポン酢で。


吸い物は、松茸と真丈。


枝豆は紫頭巾。
新銀杏新秋刀魚肝醤油かけ。


この秋刀魚は肝醤油という創作が実に素晴らしいと思いました。


野菜の炊き合わせはエリンギと、旬の四方竹。


締めのご飯。
スモークサーモンのお茶漬けです。


お新香も美味しそう。


スモークサーモンというのも面白いアイデア。


ほぐしてサラサラと頂きます。


デザートはグレープフルーツゼリー


最後は和っぽく〆。
緑豆ぜんざい玉露
低温で入れた玉露は驚くほど甘味があります。


黄色いのは南京餅。


久し振りに会話と料理を楽しめるランチでした。
Nさんも半年経って職場にもすっかり慣れたようです。
優秀な人ですから、これから益々活躍してくれることでしょう。
お昼休みの一時間では、いささか慌ただしかった会席ランチを終えて会社に戻りました。



↓ クリックお願いします(^^)/


食べログ グルメブログランキング


にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村



B級グルメ ブログランキングへ