2015年4月22日水曜日

割烹のランチでちょっと贅沢なカツ丼。新地の「かどのや」で豚のカツ丼

久し振りに美味しいカツ丼が食べたくなりました。
カツ丼といえば、町の食堂やそば屋の定番メニューですが、そんなカツ丼がプチゴージャスな雰囲気で味わえるお店、北新地のかどのや
複数の系列店を抱えるかが万グループの一つです。
すっかり陽気も良くなって、汗ばむくらい暑い北新地を、同僚のM部長、Y部長を連れて歩きます。


白木のカウンター。
きびきびと夜の仕込みで忙しい店員。


実に久し振りに来ました。
ランチのメニューにそばのラインナップが増えていたので、驚き。
一瞬心惹かれましたが、初志貫徹です。
豚のカツ丼という言い方がいかにも大阪らしいと感じます。
東京ではカツ丼と言えば、当然とんかつだと誰もが思いますが、大阪では牛かつだと思う人が多いのでしょう。
だから、あえて豚のカツ丼


最初に小鉢が出て来ます。
湯豆腐がウリの割烹らしく、おから。


お新香も。


M部長とY部長の親子丼が作られています。


 私のカツ丼用のとんかつも揚がって、卵を投入。


上品な塗りの大きな碗に入って出て来ました。
陶器の丼ではないところが、また割烹らしいのです。


早速頂くことにします。


さすがに上品なプレゼンス。


迷った末に粉山椒を振ることにしました。


とんかつは一口サイズ。
柔らかいヒレカツです。


微妙な半熟加減の部位を撮影。
たまご好きの私のライブラリ充実のためです。


ジャンクな庶民的カツ丼がもちろん好物ですが、たまにはこんなカツ丼もいいもの。


赤だしが少し遅れて出て来ました。


卵は粗く溶かれているので、白身が固まっているところもあります。
これが、またいい。


食べ進むにつれて、料理そのものの熱で卵が次第に固まっていきます。


個室にはお客さんがいて、会席を召し上がっているようです。
〆と思われる二八ざるそばが私の目の前を通り過ぎて行きました。
今度は、それもありかな、と思いました。




食べログ グルメブログランキング


にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村



B級グルメ ブログランキングへ