2017年8月1日火曜日

お気に入りな理由が多過ぎてマイブームの立ち食い蕎麦屋「京橋 恵み屋」で会社帰りの一杯と締めの十割そば

今日は久しぶりの雨。
恵みの雨と言うにはかなり激しい雨でした。
梅雨が明けてからの方が雨が多い気がします。
そんな雨の中、京橋駅で途中下車して立ち寄ったのは、マイブームの立ち食い蕎麦屋京橋 恵み屋


まずはカウンターでドリンクとつまみを注文します。
前金制。


ホッピーがあるのがお気に入りの理由の一つ。
にしました。
ナカが多いのも、もう一つの理由。


カウンターに身体を預け、グイっとジョッキを呷ります。


つまみは赤ウインナー


切り目を入れて、カリッと炒めてあります。
赤ウインナーは下町居酒屋好きの私のお気に入りのアイテム。
これも理由の一つ。


ケチャップに浸けて。


たちまちナカをお替わりして二杯目です。
ナカが多いので、ホッピー一本で三杯はいけそうです。


この店は実にロックな店でもあります。
おそらく私と同年代と思われる店主の趣味は60年代から70年代を中心にしたロックやR&B。
店内のCDコレクションや、飾られたギター、モニターから流れる映像などから、それがわかります。
これも、お気に入りの理由。


居酒屋メニューが出されました。
ホッピーをもう一杯飲みたいものの、締めのそばが大盛りなので、あまりボリュームのあるものは避けた方が良いでしょう。


野菜ものがありました。
自家製ぬか漬け
料理が悉く旨いのも、お気に入りの理由。


とうとうナカも三杯目。
そして、この濃度です。


締めの蕎麦を頼みましょう。
今日はダッタン、更科、田舎とも売り切れ。
恵み蕎麦という基本の十割そばのみでした。


蕎麦だけはテーブルまでマスターが持って来てくれます。


このボリューム。
そしてとても美味しい十割そばが500円。
しかも飲んだ流れで締めそばまで。
これが最後のお気に入りの理由。


50円追加で生卵も付けました。


少し残ったホッピーを舐めながら、旨い十割そばを啜ることにします。


薬味と生卵を投入。


頂きます。


蕎麦好きの私は、ワンコインでお腹一杯美味しい蕎麦が食べられるのが幸せ。


まずは一口。
のど越しの良いキリっと締まった蕎麦が、濃いめのそばつゆを纏って胃に流れ込んでいくのがわかります。


ここで卵黄に箸を入れます。


これに蕎麦を絡ませて。
卵の甘みとそばつゆの辛味が蕎麦の風味と混じり合って、素晴らしいコラボ。


並盛りでもこの辺りで苦しくなってきます。
まだこの店で大盛りは未体験ですが、一度チャレンジしてみたいもの。


もちろん締めの蕎麦湯も欠かせません。
いい味が出ています。


締めまで含めてもセンベロという破格のお店。
しかも美味しいとくれば、尚のこと。
八重洲からバスで帰る私が、これからも度々お世話になるであろう、時間調整にもぴったりなお店です。
そう言えば、それもお気に入りの理由でした。




関連ランキング:そば(蕎麦) | 銀座一丁目駅京橋駅宝町駅

京橋 恵み屋そば(蕎麦) / 銀座一丁目駅京橋駅宝町駅
 
夜総合点★★★☆☆ 3.5