2017年8月2日水曜日

銀座のど真ん中の昭和大衆割烹でタイムスリップ。「三州屋 銀座店」の二階座敷で仕上げの二軒目

東銀座の裏路地にある木挽町 湯津上屋で蕎麦屋飲みの後、二軒目は銀座に流れます。
健啖家のI君がまだ食べ足りないようです。
居並ぶ洒落たお店の狭間に、見落としてしまいそうな狭い路地があります。


この路地の突き当りがタイムマシンの入口。
三州屋 銀座店


暖簾を潜ると、そこは銀座とは思えない大衆割烹。
そして昭和の時代にタイムスリップです。


一階は満席。
この店のファンと思しきご年配に混じって、若いお客さんも多いようです。
紐靴だったので脱ぎたくなかったのですが、二階の座敷席へ。
そこそこオオバコの二階も私たちが着席して満席です。


まずは乾杯。
ハイリキレモンサワーを頼んだら、瓶ごと出てきました。


I君以外は満腹なのですが、例によって彼は次々と料理を発注していきます。
エシャロット
味噌と、もろみが添えられています。


名物鳥豆腐
濃い目の味付がお酒に合う一品。


おひたし


このわた
これは食べず仕舞い。


しめ鯖
たっぷりの生姜が添えられていました
これは美味。


仕切りの厳しいホール係のお母さんたちがオペするこの店は、若者たちにはどう映るのか興味があります。
私はちょっと苦手なのですが、これも銀座三州屋の味の一つ。
世間話や噂話で二軒目も大いに盛り上がり、本日の楽しい飲み会もお開きになりました。




関連ランキング:定食・食堂 | 銀座一丁目駅有楽町駅銀座駅

大衆割烹 三州屋 銀座店 定食・食堂 / 銀座一丁目駅有楽町駅銀座駅
 
夜総合点★★★☆☆ 3.2