2019年3月12日火曜日

限定10食の「牛ハラミ溶岩焼き御膳」狙いで「鳥どり 虎ノ門桜田通店」にアーリーチェックイン


以前から存在は知っていたものの、訪れたことが無かった鳥どり 虎ノ門桜田通店
大手外食ダイナックグループの、焼鳥と鶏料理のチェーン店です。


他店に夜行ったことはありますが、ランチは初めて。
ここの名物は「唐揚げ食べ放題」唐揚げ御膳なのですが、夜は爆食爆飲宴会「プリン体の会」が久しぶりに予定されているので、それは次回のお楽しみ。
今日は限定10食牛ハラミ溶岩焼き御膳(税込999円)を狙います。


11時半の開店と同時のアーリーチェックイン。
しかし、既に一組先客が!
フライングチェックインと思われます。


靴を脱いで下駄箱へ。
ランチタイムにこの所作は、好みの分かれるところです。
カウンター席の端に陣取り、注文を告げます。


メニューを眺めながらしばし待ちます。
牛ハラミや唐揚げの他に、鶏白湯ラーメン炙り鶏もも肉油淋鶏親子丼など鶏料理専門店らしいラインナップ。


100円プラスで味噌汁ミニ坦々うどんに変更できるというのもユニークです。
新メニューなのか、牛肉と鶏肉を肉豆腐に仕立てた肉肉とうふ膳というのも美味しそう。
もちろんご飯のお代わりは無料という「虎ノ門ルール」


そんなチェックをしているうちに、お盆にのった御膳の到着です。


ご飯、サラダ、大きなお椀に入った味噌汁、お新香がのっています。


熱された溶岩の上に並べられたレアな厚切りの牛ハラミはジュウジュウと音をたてています。


ざっと見渡したところ、ハラミは8枚ありそうです。


添えられたおろしポン酢にディップして、オン・ザ・ライス。


即席の焼肉丼に仕立てて頂きます。


コストの関係でやや固いのは致し方ないとはいえ、十分なコスパのクオリティ。
何度オン・ザ・ライスしても減らないほどの、嬉しい「肉責め」です。


最後はご飯が足りなくなるほどでしたが、お代わりはグッと我慢。
夜に響いてはいけません。
倶楽部ダイナックの会員なので、お会計は50円引きの949円でした。
次回は「晩ご飯抜き」という不退転の決意で、鶏の唐揚げ食べ放題にチャレンジしたいです。