2012年8月24日金曜日

九州新幹線で行くB級グルメの旅③ 【鹿児島編】女性だけで賄う天文館通「味の四季」で薩摩家庭料理に舌鼓


鹿児島でのB級グルメ旅。
夜は居酒屋。
薩摩料理が食べれることを条件に下調べ。
向かったのは天文館通の味の四季


おでん専門店と看板に掲げていますが、薩摩家庭料理を食べさせてくれることは調査済み。


観光客相手の郷土料理店ではなく、地元の人が飲みに来る店というのもポイント高し。


カウンターにはおでん鍋。


焼酎も色々と選べます。


昼間にも缶ビールを飲んだので、早速焼酎から。
三岳ロックで。


今日はおでんではなく薩摩家庭料理から選ぶことにしました。


名物きびなごの刺身


美しい輝き。
酢味噌でいただきます。


にがうりはシンプルにそのまま枕崎産のかつおぶしと一緒に。
にがうりの苦味とかつおぶしの甘みのコラボが実に焼酎に合います。


 屋久島とろろ


豚骨という料理があったのでどんなものか聞いてみました。
骨付きの豚肉味噌黒砂糖で煮込んだものだと聞き、頂いてみました。
味噌黒砂糖の優しい甘みが醤油の裏側でうまく味を効かせています。
豚肉もトロトロ。
これは絶品のツマミ。


黒豚串
豚肉をシンプルに塩胡椒だけで焼いたものですが、豚肉自体が旨味があるので実に美味しい一品。
焼酎は赤霧島のロックに切り替え。


最初に頼んだのですが時間がかかったさつまあ揚げ


タネから自家製の練りたて、揚げたて。
さすが鹿児島と唸るハイレベル。
左からいわしトビウオ


最後は野菜の酢漬けでさっぱりと締めました。


店内のスタッフはすべて女性。
妙齢のお嬢さんがおでんを仕込むさまは粋。
そのせいか柔らかい雰囲気の漂う店は実に居心地よくつい飲み過ぎてしまいます。
地元の方が来て、軽く摘まんでさっと消えるという渋い使われ方をしていました。
私は少々長っ尻だったかもしれません。




関連ランキング:郷土料理 | 天文館通駅いづろ通駅高見馬場駅


↓ クリックお願いします(^^)/
にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村



B級グルメ ブログランキングへ

味の四季郷土料理 / 天文館通駅いづろ通駅高見馬場駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5