2013年9月7日土曜日

留守宅に帰省し息子とサシ飲み。居酒屋の鏡、船橋の名店「一平」で居酒屋の何たるかを

久しぶりの留守宅。
長男以外は出かけていて、晩ご飯は必然的に外食。
ならば募る話もあるし、私の最愛の居酒屋を紹介しようと長男を連れて電車で船橋へ。

大衆居酒屋の鏡、船橋の名店一平


驚くほど安く、驚くほど旨い店。


土曜日は16時開店。
我々は2回転目を狙って18時前にお店に着きましたが、それでも20分ほど待ちました。
いつもはスーツ姿が目立つ店ですが、土曜日らしく皆カジュアルスタイル。
ご夫婦連れもいらしていて、平日とは随分雰囲気が違います。


まずは生ビール煮込みを頼みました。
煮込みにはもちろん豆腐も入れて。



継ぎ足し継ぎ足しで煮こまれた牛もつは絶品。


まぐろ脳天刺しを食べさせてやりたかったのですが、今日はもう売り切れ。
そこで中トロカマ刺しを頼みました。



息子の希望でマカロニサラダ
いいものを頼むじゃないか。



私はボールにチェンジ。
「ボールって何?」
と息子。
「ハイボールのことだよ。下町居酒屋ではチューハイと言わずボールと言うんだよ。もともと酎ハイは焼酎ハイボールの略。戦後の混乱期に高価なウイスキーハイボールを飲めなかった東京の下町大衆酒場で生まれた飲み物だよ」
と即席の居酒屋講座。
高度経済成長期に生まれた私が、戦後の混乱期など知るわけもないのですが。


これまた絶品の定番、煮玉子


煮玉子牛煮込みとは別の鍋でしっかりと煮込まれています。


ここからは息子にオーダーを任せました。
しらすおろし


ハムカツ
なかなかいい選択。



さてお酒の講義は続きます。
ホッピー
やはりその成り立ちと飲み方について講釈。


連夜のホッピー
東京ではスーパーでもドラッグストアでも手に入るホッピーですが、大阪では名前すら知られていません。
こんなに旨い酒なのに。


目移りしてしまう豊富なメニュー。
しかも全品300円前後。


ドリンクも格安。
庶民の味方、実に正しい大衆居酒屋です。


イカの塩辛
自家製で浅めの塩が良し。


イカフライ


ここのフライものは衣が固くてカリカリしているのでとても美味。


焼きそば
やはり若いだけあってよく食べるな。


私は鉄幹のロックへ。


そして角玉のロック


土曜日とあって20時近くになるとピークを過ぎたようです。
空席もチラホラ。
そこで厨房が手隙の時だけ特別に作ってくれる裏メニュー、納豆オムレツを注文。


これだけはホール係のお兄さんにこっそり確認。
お兄さんも厨房まで行って確認してからこっそり教えてくれます。
「大丈夫です」


相当食べて飲んで6,000円ちょっと。
それでもこの店では高いほう。
チェーン居酒屋しか知らない息子は感動したようです。

関連ランキング:居酒屋 | 京成船橋駅船橋駅大神宮下駅

船橋から京成線に揺られて自宅の最寄り駅まで。
ウトウトとしていたら息子に起こされました。
一人だったら乗り過ごしていたな。

「アイス買って食べ歩きして帰ろうよ」
という息子の提案に応じ、駅前のスーパーでモナ王を。


この町に住んで21年。
引っ越してきた時長男は2歳でした。
確かこんな風にスーパーで買い物をして、一緒に歩いて帰ったなぁ、と朧気な記憶が蘇りました。
多分手をつないで。

今や私より背の高い青年と並んでアイスを食べながら、月日の流れと老いゆく自分を実感しました。
「こうやって息子と歩くことが後何回あるのかな」
とぼんやり考えました。

↓ クリックお願いします(^^)/
食べログ グルメブログランキング