2014年5月24日土曜日

週末の労働の対価。自分へのご褒美は地元のひとり酒。与力町の居酒屋「竹うち」~南森町のバー「ホワイトラベル」のゴールデンコース

今日はよく活動しました。
朝からシーツなどの大物を洗濯して布団干し。
そのまま梅田に出かけてジムでスイミング。
梅田で買い物を済ませ、帰宅して衣替えと掃除。
家の中もすっかり綺麗になって、気分も爽快。
自分へのご褒美は地元のお気に入りの店でひとり酒です。

今日はまだ明るい18時から与力町竹うちへチェックイン。


カウンター席はまだ一組だけでしたが、この後たちまち満席に。
今日はお孫さんを連れた三世代のご家族連れが二組もいらっしゃいました。
小さいうちから、こんなに美味しいいお店に連れてきてもらえるとは、羨ましい限りです。


まずは生ビール
冷えたジョッキに綺麗な泡。
奥さんのビールサーブはとても上手。


目の前の黒板を眺めます。
まずは一品から。


はちく煮
筍の一種で旬のもの。


程よい柔らかさ。
出汁加減も絶妙。


ずいき煮
里芋の葉柄です。
干し海老と一緒にしんなりするまで煮含めてあります。
美味しい出汁がよく滲みていて素晴らしい一品。
大阪弁では
「ええお出汁がようしゅんでる」
 とでも言うのでしょうか。


幸せの瞬間です。


お刺身を頼みました。
さばきずしクエ昆布〆を半分ずつ。
ここは絶妙の浅〆なので、素材の味が活きています。


名物鯖棒寿司にも使われる肉厚のさばきずし


クエ昆布〆は脂ののった身の旨味をうまく閉じ込めています。
モチっとした食感が堪りません。


ちょっと箸休め。
おでん大根


ここのおでんはとてもツユが美味しく、しかも一つ100円からとお値打ち。


今日は鯖棒寿司が無かったので、出し巻しで締めることにしました。


大阪で散々出し巻しを食べた私が、間違いなく一番旨いと思う出し巻しがここにあります。


を三個使い、ユルユルの一歩手前まで一番出汁を加え、綺麗に巻き上げています。
かなり難しい技のはず。
お皿に出汁が滲み出していますが、玉子にはきちんと火が通っています。


絶妙の焼き加減。
ふんわり、しっとり、しっかりと。


2時間ちょっと、ゆるりとひとり酒。
かわいいお子さん連れのご家族もお帰りになり、店は少し静けさを取り戻しました。
いつも美味しいお料理と気持ちのいい接客をしてくれるご夫妻にお礼を告げて店を出ました。



関連ランキング:居酒屋 | 扇町駅天満駅大阪天満宮駅


二軒目はもちろん止まり木のバーホワイトラベル


カウンターは私だけ。
スタッフのKさんと、私の先日の長崎・博多旅行の話など。
皆さん、私のことを何でも知っているのは、このブログを読んで下さっているから。
単身赴任ですが、こんな時に自分がたくさんの人とつながっているんだな、という幸せを感じます。


テーブル席には何組かお客さんがいましたが、相変わらずカウンターは私だけ。
ゆっくりとハイボールのグラスを重ねます。


時計は21時を回りました。
1時間ちょっと飲んだでしょうか。
朝から活動して睡魔も訪れました。
カウンターに女性客がお二人いらしたのを潮時に店を出ました。



関連ランキング:バー | 大阪天満宮駅南森町駅扇町駅


↓ クリックお願いします(^^)/
食べログ グルメブログランキング



B級グルメ ブログランキングへ