2015年8月6日木曜日

地元与力町の角打ち「西海酒販」に初チェックイン。気さくな酒好きが集まる楽しいコミュニティで安くて美味しいお酒とお料理

「すごくいい立ち飲み屋さんを教わったので、一緒に行きませんか?」
と飲み友達のAちゃんからお誘いのメールが来ました。

地元与力町の西海酒販
酒屋の角打ちです。


青いサメの看板にはBLUE WATERの文字。
お店のロゴも酒屋らしくありません。
その存在はずっと以前から知っていたのですが、入店は初めて。
まるでダイビングショップのような外観です。


もちろん酒屋ですから、中はこんな感じ。


全品300円。
しかも嬉しいことに禁煙です。


Aちゃんは大きな樽を改造したテーブルで、既に他のお客さんと盛り上がっていました。
早速私も生ビールを注文して、その輪に加わります。


Aちゃんがずいぶん他の3人の方々と親しくしているので、友人かと思ったら、そうではなく、3日前に彼女が一人でこの店に来た時に知り合ったばかりの常連さんたちだそうです。
常連さんたちは、初めての私も温かく受け入れ、たちまちお友だちの輪が広がります。
なんとも楽しいコミュニティ。


酒屋の角打ちと言えば、缶詰や乾き物が定番ですが、こちらのお店は手がかかっているものが多くあります。
ご常連に伺うと、何を頼んでも美味しいとか。


何を頼もうかと、品定めしていると
安倍総理似のガングロな常連さんが
「スガスペが名物ですから、是非!」
と勧めて下さるので、それをお願いすることにしました。


これがスガスペ
「人気メニューだった出し巻きが、時間がかかるので、常連のスガルさんが見かねて考案した料理なんですよ」
と安倍首相が語ります。
卵三個を目玉焼きにして半熟に仕上げ、そこにウインナーをのせたもの。
目玉焼きが四角いのは、出し巻き用の鍋を使っているのかもしれません。
塩胡椒とカレーパウダーがかかっています。


たまご好きの私は、まさかスガスペがこんなに魅力的な玉子料理とは知らず、大興奮。


例によって、半熟玉子を激写します。


私の激写癖を心得ているAちゃんが、お箸を使ってシズル感を演出してくれます。


これは、メチャメチャ旨いB級グルメ。


続いて、合いカモスモークが出て来ました。


粒マスタードを塗って。
これまた美味。
角打ちの料理の概念を変えるクオリティです。


もうちょっと炭酸系が飲みたかったので、冷蔵庫から缶チューハイを出します。
TaKaRaゼロ仕立て


奥の厨房に缶を持って行くと、グラスと氷を下さいます。
「氷を入れて持って行きますよ」
とご主人のお母さんと思しき、品の良い年配の女性がおっしゃってくれましたが
「いえいえ、酒飲みは一刻も待てないんですよ」
と私もすっかり常連気分で軽口を叩きます。
そんなやり取りを横で見ていて、微笑む店主ご夫妻。
何とも、温かく、気さくなお店です。


壁にはPADIの証明書。
西海のご主人は相当プロフェッショナルなダイバーだそうで、なるほどお店の外観もむべなるかな。安倍首相似の常連さんがガングロなのは、店主と知り合ったのをきっかけにダイビングに嵌ったからだとわかりました。


私が来た時に、既にご常連が飲んでいた広島のお酒を私も頂くことにしました。
今日は「広島 原爆の日」
私も今朝8時15分に黙祷しました。
人類が二度と同じ過ちが起きないことを願って、今宵は広島のお酒を飲むのが相応しいと思いました。


亀齢万年 純米吟醸原酒五拾
この店は缶飲料を除いて、お酒は一律300円。
しかも、必ず零してくれます。
大吟醸だけは零れはありませんが、ナミナミ入れてくれるとか。


東広島市の亀齢酒蔵の醸造。
口の中に広がる旨味、力強くも繊細でほど良い上品な香です。
栽培が途絶えていた広島造賀産綿状心白米という幻の古代米を50%までにも精米した贅沢な酒。


もうちょっと食べましょう。
ヘルシーギョーザ


300円とは思えない量。
そして実に旨そうな焦げ色です。


早速頂いてみます。


野菜多めであっさりしていますが、肉汁もしっかりと感じられる一品。
これは旨い。


地鶏ハーブ焼き


ジューシーな鶏肉。
ハーブのソースも実に美味しく、なるほど常連さんの言う通り、ここの料理のクオリティに感動。


もう一杯日本酒を。
今度は高知県南酒蔵場の、その名もずばりという純米吟醸。


穏やかな吟醸香。
米本来の旨みを感じる味わいですが、優しい酸味とキレを感じます。


ご常連さんたちは、三日にあげず通われているご様子。
その後現れた、この店の主のような方も、とても気さくに初訪問の私に接してくださいました。
Aちゃんによれば、奥さんもとても素敵な方で、
「たちの悪いお客さんは出禁にしちゃうから、女の子一人でも大丈夫」
と言ってくれたそうです。
確かに天満あたりの立ち飲みは、味わい深さはあるものの、ちょっと女性にはハードルが高いかもしれません。
その点、ここ与力町は治安もいい住宅地ですし、店主ご夫妻がとてもしっかりとしておられるので、お客さんも自然と良い方々が集まるのでしょう。
私も、そんな常連になれるように通ってみようと思いました。



↓ クリックお願いします(^^)/

B級グルメ ブログランキングへ


にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村


立ち飲み 西海酒販立ち飲み居酒屋・バー / 扇町駅天満駅大阪天満宮駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5