2015年12月9日水曜日

支社の関連部署の有志で始めた「美尋」の忘年会も4回目。浪速らしいふぐ鍋で行く年を締めくくる

支社で仕事の繋がりの深い関連部署の次長以上で始めた有志忘年会。
4年前の第一回から、私の行きつけの居酒屋、東天満の美尋で開催してきました。
その関係もあって、幹事は毎回私ですが、それも暮の楽しみ。


今日はO局長、A局長、K局長、M次長、S次長、W次長と私の7名。
小上がりは、お誕生日席まで入れてちょうど目いっぱいです。


東京出張からまだ戻っていないA局長を除く6人で乾杯。
「今年も一年お疲れ様でした!」


今年は3年ぶりのふぐ鍋のコース
クエ、アンコウと毎回変えて来ましたが、3年ぶりの原点回帰です。
最初はふぐ皮ポン酢


やっぱり旨い。


てっさが出て来ました。


一人一皿。
揉めなくていい。


贅沢な気分です。


A局長が東京から帰って来ました。
全員で乾杯。


今日も満員御礼の美尋
マスターもてんてこ舞い。
ある程度仕込んであるとはいえ、追いつかない感じです。
ふぐの唐揚げが出てくるまで、少し時間がかかりました。


いよいよふぐ鍋


7人前のふぐ。


実に美味しそう。


色艶も素晴らしい。


今日は鍋奉行のW次長が二つの鍋を管理できるように、真ん中に座ってもらいました。
これで今日は全員美味しいふぐ鍋が食べられます。


大船に乗った気分で、鍋が出来上がるのを待ちます。


薬味をスタンバイ。


私は骨回りの身が好き。


たっぷりの野菜と一緒に。


私の好きな葛切。


麺好きの私にとっては、葛切や春雨、糸こんにゃくなどは、皆同類。


ひれ酒を頼みました。
ふぐ鍋には欠かせません。


アルコールを飛ばして。

video

実に旨いのですが、明日が心配です。


鍋奉行W次長の見事な差配により、前半は骨回りで出汁を取り、中盤から背中などの肉厚の部分を投入。


ひれ酒はもちろんお代わり。
つぎ酒を頼みます。


一同の箸の動きが鈍ってきたところで、余り気味の葛切を浚います。


締めは雑炊で決まり。
マスターが一旦鍋を引き上げ、綺麗に整えて出してくれました。


お新香も各自に添えられて。


アクや余計な残り物を綺麗に濾してから作ってあるので、出汁はとてもクリア。


旨過ぎます。


デザートにりんごが出て来ました。
医者いらず。


たっぷり2時間半。
飲んで食べてしゃべって、楽しい時間。
実にいいメンバーと、公私ともに親しくして頂いた貴重な4年間だったなと、改めて思いました。



関連ランキング:居酒屋 | 大阪天満宮駅南森町駅扇町駅

二次会はもちろんホワイトラベル


名物タマゴサンドはドーンとひと盛で。


皆さんは支社の幹部なので、やはり話題は経営に関すること。
飲んでも仕事の話になるのは、我が社の昭和世代の特徴です。


電車の時間があるので、23時前に解散。
私はカウンターに席を移して、ひとりで仕上げます。


今日もしっかり飲みました。
ひれ酒のダメージが、明日の朝に残らなければいいのですが。



関連ランキング:バー | 大阪天満宮駅南森町駅扇町駅

↓ クリックお願いします(^^)/

B級グルメ ブログランキングへ


にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村