2017年6月22日木曜日

大阪の懐かしい大好きな店を巡る① やっぱり間違いないここのうどん。梅田ナンバーワンの「うだま」で久しぶりのちく玉天生醤油を啜る

今週末は年に一度のお楽しみ。
大阪赴任時代に通ったバーホワイトラベルの研修旅行に参加するため、有休を取って大阪に前乗りしました。
関空からダイレクトに訪れたのは、大阪駅前第3ビルうだま


13時でしたので、行列の先頭。
 久しぶりで注文の勘が鈍っていましたが、悩んだ末にうどんの味がダイレクトにわかる生醤油にしました。


ちく玉天生醤油で。


いつ見ても美しい色艶の自家製うどん。


もちろん天ぷらは揚げ立て。


全てが同じタイミングで仕上がるように、厨房の連係プレーも完璧です。


薬味はネギとスダチと大根おろし。
全てに妥協はありません。


きちんと種を取ってから出してくれるのも、細やかな気配り。


卓上の醤油をかけます。


二回しほど。
足りなければ後で。
かけ過ぎは禁物です。


実に瑞々しく美しい。


もちろん大阪うどんの柔らかさとは異なり、しっかりと固い独自の麺。
かといって讃岐のようなかっちりした固さと違って、粘りと腰のある強い弾性が魅力。


天ぷらにも手を付けます。


玉子天の中は半熟。


濃厚な黄身の色が、またいい。


少しだけ醤油を追加してかけます。


モチモチしているのにのど越しがいい、不思議な美味しさのうどん。
やっぱりここは間違いありません。


お会計を済ませると、店主からご丁寧なご挨拶をいただきました。
「ごつそうさまでした!美味しかったです」
と謝辞を述べて店を後にしました。
これからホテルにチェックインして、今宵の作戦を立てましょう。




関連ランキング:うどん | 東梅田駅北新地駅梅田駅(阪神)


うだま 梅田店うどん / 東梅田駅北新地駅梅田駅(阪神)
 
昼総合点★★★☆☆ 3.6