2017年6月23日金曜日

大阪の懐かしい大好きな店を巡る⑥ 大阪屈指の激辛旨カレーで久しぶりの滝汗。西天満「辛口飯屋 森元」で日替りあいがけからの定番あいがけ

大阪の懐かしい大好きな店を巡る二日目。
天満橋のホテルからブラブラと歩いて西天満に向かいます。
大好きな中之島バラ園は、残念ながら見ごろは過ぎてしまいました。


中之島の大阪市中央公会堂。


鉾流橋(ほこながしばし)から見る堂島方面。
かつて私が勤務していた支社もあちらの方向です。


強い日差しに、早くも汗をかいてきましたが、これから更に汗をかく料理を食べに来たのです。
西天満の辛口飯屋 森元


裁判所の裏、弁護士事務所や画廊が並ぶ老松通りのビルの2階。


12時少し前でしたが、満席です。
汗を拭いながら黙々とカレーを食べるお客さんの後ろで待つこと15分。


空いたカウンター席に座りますが、ここでもしばしウエイティング。
ワンオペなので、全てを取り仕切るママのペースでないと事が進みません。
それをゆっくりと待つのがこの店の流儀。


ようやく私の注文が聞かれる順番になりました。
久しぶりということもあって、日替りのあいがけから、お替わりで定番のあいがけという全クリの贅沢な流れで組み立てることにしました。
その為にはご飯も中盛は必要です。


ポークキーマレモンカレーとチキンキーマのあいがけ、ご飯中盛


ピクルスは真ん中のご飯にトッピング。


ポークキーマレモンカレーはパクチーバジルが選べます。
好物のパクチーにしてもらいました。


レモンとパクチーの風味が爽やかです。
もちろん、しっかりとスパイシー。


一方のチキンキーマ。


コクと旨味のある味わい。
挽肉の食感もいい感じ。


レモンカレーからは輪切りのレモンが出てきました。


上手くライスをコントロール。
ここでルーのお代わりです。


ルーのお代わりは二回まで無料という嬉しいサービスですが、チキンかビーフかあいがけというルール。
もちろん今日はここのカレーを全クリしたかったので、あいがけにしました。


激辛ビーフカレーには生卵というのが私の定番。
もちろんそれはママのお勧めでもあります。


スプーンを黄身に入れてかき混ぜます。

video

この程度の粗目がベスト。
TKGに通じるものがあります。


久しぶりのビーフカレーは、やはり口の中がヒリヒリするほど刺激的。
日替りの時はそうではなかったのですが、お替わりのビーフカレーを食べ始めてから滝汗が出てきました。


チキンは骨付き肉も含めてお代わりが出来ます。
なんとも太っ腹なサービス。


スプーンで簡単にほぐせる程トロトロに煮込まれています。


ビーフを食べた後だと、拍子抜けするほど。
いかにここのビーフカレーが激辛か、ということを改めて実感します。


最後はビーフもチキンも生卵も全部混ぜて。


完食完飲です。


お会計を済ませ、久しぶりにお会いした美人ママに「ごちそうさま」と告げて店を出ました。
一段と強くなった日差しとビーフカレーで、ホテルへの帰り道は、更に汗をかきそうです。




関連ランキング:カレーライス | なにわ橋駅大江橋駅南森町駅

辛口飯屋 森元カレーライス / なにわ橋駅大江橋駅南森町駅
 
昼総合点★★★☆☆ 3.5